コラム

ダックスフントを飼う時に気をつけたい病気とは?

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

凛とした佇まいの中にどこかおどけた印象のあるダックスフント。足が短く、胴長である特徴的な体形は病気にかかりやすいことでも知られています。

今回はダックスフントを飼う際に気を付けたい3つの病気についてまとめました。一般的にペット保険の適用範囲の疾患をピックアップしています。まだペット保険へ加入していない場合は、この機会に検討されることをおすすめします。

ダックスフンドを飼う時に気をつけたい病気とは?

ダックスフントがかかりやすい病気とは?

ダックスフントという名前は、ドイツ語で「アナグマを負う犬」という意味を持ちます。元々は狩猟犬としての役割を果たしていたことが名前からわかります。

狩猟犬だったこともあり、好奇心旺盛で怖いもの知らずな性格です。しかし、この性格が災いして、腰や股関節の病気になりやすい傾向があります。

ミニチュアやロングコートは、改良するためにブリーディングを繰り返して誕生した犬種です。繰り返しブリーディングをされたために、遺伝による先天性疾患の発生確率が高いことが知られています。

涙を流すダックスフントダックスフントに多くみられる病気で代表的なものは、ヘルニアや目の炎症です。また、生活環境によっては肥満や糖尿病のような病気にもなります。
ここからはダックスフントがかかりやすい病気について掘り下げていきます。

椎間板ヘルニアとは?

犬の背骨は小さい骨が連なっており、骨と骨の間でクッションの役割をしているゼリー状の物質を椎間板と言います。
この椎間板がすり減ったり、変形してしまうことで脊椎に集中している神経が圧迫され、痛みやしびれが現れます。これを椎間板ヘルニアと言います。

椎間板ヘルニアの原因

ダックスフントは胴が長く、足が短い体形をしています。そのため、高いところから飛び降りたり、走る行為は、足にかかる衝撃と腰に受ける負担が大きくなるのです。
人間と同じように加齢によって症状が出やすくなるのも傾向の一つです。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアは神経が圧迫されるため、痛みを強く感じます。体勢を変えるだけでも痛みが走るので、抱っこを嫌がることで異変に気付くと考えられています。

次第に症状は進行し、痛みが増していきます。痛みによって、後ろ足を引きずったり、足をかばうようにしたり、立ち上がることを避けるようになってきます。重症化すると排泄が困難になったり、下半身麻痺などの障害が現れ、手術をすることも難しくなります。

椎間板ヘルニアの治療法と予防法

椎間板ヘルニアは治癒が見込めない病気です。そのため、治療によって痛みを取り除くこと、悪化させないことを優先させます。

一般的に、抗炎症剤や鎮痛剤を投与しながら経過観察をし、温熱療法等で神経の痛みを取る治療等が検討されます。手術治療は、小さな体のダックスフントに後遺症を残してしまう可能性があるため、適用されないことがあります。

椎間板ヘルニアは生活環境を工夫することである程度予防ができます。コンクリート上では遊ばせない、家の階段やソファー等の段差を上り下りさせないように注意することです。
外で遊ぶ際には土の上、室内ならマットを敷くなど工夫をして、足の負担が軽減できる方法を取りましょう。また、段差が少なく広いスペースを確保して遊ばせましょう。

糖尿病とは?

糖尿病は、糖代謝がうまくできなくなり、血液中の糖分が多くなる病気です。糖分が増えることによって様々な合併症を引き起こします。考え方としては人間の糖尿病と同じです。

糖尿病の原因

ミニチュアダックスフントには、遺伝による糖尿病が多い傾向にあります。より小型化するために無理なブリーディングが行われた結果、肝臓や腎臓の発達が未熟な個体が多くなったと考えられています。

また、生活習慣病が原因となって糖尿病を発症することも傾向としては多くみられます。食いしん坊だったり、運動が苦手なことで肥満体質となったダックスフントは糖尿病になりやすいとされています。

糖尿病の症状

糖尿病の初期症状としてみられるのが多飲多尿です。また、食欲が強く食べる量が増えているのに、体重が減少する傾向にある場合、これも糖尿病の症状として疑われます。

病状が進行すると、肝臓肥大や白内障、昏睡等に代表される「糖尿病性ケトアシドーシス」という重篤な合併症状が起こります。

糖尿病の治療法と予防法

糖尿病は状態によってインスリン投与が必要となります。食事管理や定期的な尿検査等、細やかな観察が求められるため、飼い主と獣医師との二人三脚が重要なカギとなります。
糖尿病発症の原因が肥満であった場合、食事量の見直しや運動を取り入れて、肥満を解消させることが優先されます。
ミニチュア・ダックスフント
予防方法は、幼い頃から適度な食事量と運動を続けることに尽きます。遺伝性であることが分かった場合には、ブリーダーへその旨を伝え、直系のブリーディングを打ち切ってもらうことも重要です。

進行性網膜委縮とは?

網膜が萎縮し、機能しなくなることによって目が見えにくい状態から失明に至る病気です。

進行性網膜委縮の原因

この病気は外傷や内科疾患が原因とは考えにくい病気で、100%遺伝性の病気です。先天的にこの病気があると考えられ、初期段階では飼い主が気付きにくい傾向にあります。年齢を重ねるごとに病気が進行していきます。

進行性網膜委縮の症状

薄暗いところで目が見えにくくなることが初期症状です。日中よりも見えにくい状態になるため、夜中に不安を訴えるようになり、平坦な場所でも転びやすくなることで飼い主も異変に気付きます。
症状が進行すると、日中でも見えにくくなってきます。そのため、動きが緩慢になったり、壁伝いに歩くようになる等、行動に変化が現れます。

進行度合いは個体差があります。生後1~2年で全盲となってしまうこともあれば、高齢期に入ってから症状が出始めることもあります。

進行性網膜委縮の治療法と予防法

現段階では確実な治療法が見つかっていなく、経過観察によって状態を見続けるしか手立てがないのが現状です。そのため、飼い主が愛犬のストレスを和らげることが求められます。目が見えにくい犬のために、トイレの位置は変えない、頭をぶつけないように家具を保護するような工夫をしましょう。

進行性網膜萎縮は遺伝による病気なので、直系の繁殖を避けるようブリーダーへ伝えることも大切です。

ストレスにも敏感、普段から健康管理を!

ダックスフントのような小型犬は、少しのストレスでも体調に敏感に現れます。ストレス管理は健康管理の一つなので、健康管理を怠らないようにすることで病気知らずの身体を保つことができます。

病気になってしまうと医療費がかさみます。満足した治療ができるように、愛犬にはペット保険をかけてあげるのが望ましいです。きちんと通院ができれば、病気の進行を遅らせ、長生きさせることができます。飼い主さんのライフスタイルに合っている保険を比較しましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加