コラム

トラブルを起こさない、ペット保険の選び方

この記事は2016年7月27日の記事を再編集しました。

ペットがケガや病気をしてしまった際、その治療費が高額となってしまうことがあります。しかし、ペット保険があれば、治療費の一部を補償してくれるので、安心して満足な治療を受けることができます。

法改正以降、制度がしっかりと確立されたこともたり、ペット保険の加入率は右肩上がりです。しかし、加入者が増えることによって、困ったトラブルが増えているのも事実です。

一例では、保険会社から飼い主への保険内容の説明が不十分であったことから、保険対象とならない治療と知らず、保険金請求の際にトラブルに発展するという問題も起こっています。

今回はペット保険を選ぶ際には、ペット保険の補償内容と仕組みをきちんと調べ確認すること、そして何を基準に選べば良いのか等、紹介します。

トラブルを起こさない、ペット保険の選び方

上限あり!年齢制限に要注意!

ペット保険を選ぶ際に、最も注意したいのが「年齢制限」です。どの保険会社でも、ペット保険の契約条件で制限されているのが「年齢の上限」です。

補償内容や保険料等がちょうど良い保険を見つけても、ペットが指定された年齢の上限を超えてしまっている場合には、契約することができません。ペット保険を検討する際には、加入時の年齢制限とペットの年齢を照らし合わせて選ぶ必要があります。

加入時に上限超えしていなかったのにペット保険が使えないケース

ペット保険の加入申し込みをする時点では、年齢の上限を超えていなかったけれど、保険契約開始日となる初日の時点でペットの年齢が上限超えしてしまっている場合、ペット保険を利用することができません。

保険加入手続きの時間を少しでも短縮するためには、インターネットから手続きをするのがおすすめです。

紙面で契約をする場合、書類作成等が必要となるため、手続きに時間を要します。しかし、インターネット契約の場合、手続きにかかる手間を簡略化できるため、手続きの時間を短縮することができるのです。
※保険会社によってはインターネットからの申し込みで割引適用されるところもあります。

既に飼っているペットの年齢が高齢である場合には特に注意したいところですが、なるべく高齢になる前の段階でペット保険へ加入しておくと安心です。

保険内容はしっかり、慎重に確認!

ペット保険を取り扱う保険会社は複数あります。さらに、ペット保険のプランも様々なので、1社だけでも複数の保険プランを用意しており、保険料や補償内容、特徴等、それぞれ異なります。

たとえば、保険商品によっては補償割合が100%となり、全額補償してくれるものもあります。しかし、全額補償となるものは、掛け金となる保険料も高額になることがほとんどです。
また、ペットの年齢によって保険料も変動しますので、年齢を把握した上で、しっかり資料に目を通すようにしておきましょう。

次に、ペットによってかかりやすい病気があります。飼っているペットのかかりやすい病気は予め把握しておき、その病気に関する補償が充実しているかも調べましょう。

保険料をなるべく安く抑えたいと考える場合には、どのような時に保険を使うことが多いのかを考えましょう。
たとえば、定期検診等の通院の際に発生する医療費に対しての補償を準備しておきたい場合には、通院に関する補償が手厚いものを選ぶ、病気やケガで入院や手術が必要となった際の医療費に対しての補償を準備しておきたい場合には、入院と手術の補償が手厚いものを選ぶなど、どの項目に重点を絞るのかを考え、その上で補償割合と保険料を照らし合わせて決めるようにしましょう。
パンフレット
保険プランによっては、入院や手術の費用を半分だけ(50%)補償してくれるものもあります。このような保険の場合、入院や手術の際には医療費の負担が発生しますが、保険料を比較的安く抑えることができます。

また、医療費に対しての補償だけではなく、ペットによって起きてしまった事故などで他人を傷つけてしまったり、物を壊してしまった際に補償をしてくれる特約等、保険会社によって様々な特約を用意していることもあるので、見落とさないように確認をしておきましょう。

終身タイプのペット保険もあります

人間の保険に終身タイプがあるように、ペット保険にも終身タイプのものがあります。生涯補償があると思うと、飼い主さんも安心できると思います。

保険会社によっては終身補償を行っていないところもありますが、基本的には終身タイプの保険プランを取り扱っている会社が多いです。

終身タイプの保険を選ぶときの注意

終身タイプを選ぶ時、保険料の安さも重要ですが、何より注意したいのは「年齢」です。保険会社により違いはありますが、年齢を重ねるごとに保険料が変動し、高額になっていく保険プランを扱っていることもあります。また、ペットが高齢になると保険料以外にも、補償内容が変更されるケースもあります。

ペット保険の更新は一般的に1年ごととなります。更新の際に、保険料や補償内容が変わることがあるのかは、保険選びの際に資料で確認するか、予め保険会社へ問い合わせて確認しておくことで、心配が解消できるでしょう。

補償適用外の治療もあるので注意!

ペット保険では、歯周病関連の病気は補償適用外となることがあります。今回は犬を例として紹介します。

成犬のほとんどは何かしらの歯周病関連の病気にかかっているため、補償適用外となります。これは人間で言うと、たとえば既にガン細胞によって病魔に侵されている方が、ガン保険に加入できないのと同じことです。

歯周病の治療は、高確率で全身麻酔が必要となります。この全身麻酔は非常に高額です。ペット保険で補償されると思っていたのに、治療後に補償適用されずに、高額な治療費に飼い主さんが驚くケースも少なくありません。

このようなトラブルを回避するためには、予め獣医師へ治療費と費用面について確認することです。その上で、どのように治療を進めるのかを相談しておくのが良いでしょう。
全て病院任せにしてしまうと、大きなトラブルを招きかねません。

おわりに

ペットが病気やケガを負ってしまった際に、治療費の面で助けてくれるのがペット保険です。

ペット保険を選ぶ際には、ペットの種類や年齢、補償内容等、その子に合ったプランを選びましょう。プランの内容をしっかり確認し、困ったことがあれば保険会社へ問い合わせてみたり、かかりつけの動物病院で獣医師へ相談してみるのも一つの方法です。

そしてペット保険によるトラブルに巻き込まれないためには、人任せにしてしまうことなく、飼い主さん自身がきちんと補償内容や補償適用内容を把握することが何より大切です。実際にペット保険を利用する際に、保険内容を把握していることは大きな差となって現れます。

補足となりますが、ペット保険は人間と異なり、獣医師の診断書は基本的に不要となります。動物病院の名前が記入されている領収書があれば、保険請求をすることが可能です。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加