コラム

チワワがかかりやすい病気3選

この記事は2016年8月16日の記事を再編集しました。

犬は犬種ごとに異なる魅力を持っています。基本的な性格や能力、骨格等が犬種によってそれぞれ違いがあるので、かかりやすい病気も異なります。

今回は愛玩犬としても最もポピュラーなチワワがかかりやすい病気を3つ紹介します。初期症状や予防対策に関する情報もまとめていますので、これからチワワを家族に迎えたいという方はもちろん、愛犬の様子が気になるという時にも参考にしてください。

なお、今回紹介する病気はペット保険で補償を受けることができるものですので、知識として持ち合わせることで楽しい愛犬との日々を送ることができると思います。

チワワがかかりやすい病気3選

チワワの身体的特徴

白チワワ某企業のCMで起用されてから、愛玩動物の中でも一番人気が高くなったのがチワワです。

人気のあるチワワですが、昨今では高齢の母犬から生まれたチワワの先天性疾患や遺伝疾患等が目立つようになってきています。これはパピーミルという言葉にもあるように、悪徳ブリーダーが母体の健康状態を考えずに、たくさんの子犬を産ませていることも要因の一つです。

チワワは体が小さいため、内臓が未発達となってしまっていることも考えられます。そのため、突然虚脱状態やてんかんのような発作を起こすことが多く見られます。また、骨格が華奢なので、路上を散歩させるだけでもヘルニア等の障害が出る他、ソファから飛び降りたことによって脱臼したり、後天性の病気や怪我も多いのが特徴的です。

チワワのような小型犬は病気にかかった場合、薬によるコントロール等の適切な治療ができなければ、寿命を全うさせることが難しいと言えます。もちろん、これには飼い主の病気に対する知識も求められます。

ここからはチワワがかかりやすい病気3つを、病状や原因、予防方法に関して紹介します。

膝蓋骨脱臼

犬の膝関節は大腿骨と脛骨と膝蓋骨で形成されています。膝蓋骨は、大腿骨と脛骨のちょうつがいのような役割をしています。大腿骨にある「滑車溝(かっしゃこう)」に膝蓋骨がうまくはまっている状態が正常な状態ですが、膝蓋骨が滑車溝からずれてしまった場合「膝蓋骨脱臼」と診断されます。

膝蓋骨が内外いずれかの方向へずれている状態であれば、「外方脱臼」「内方脱臼」と診断されますが、詳しい病状を伝えるために4段階のグレードに分けて診断することがあります。
無症状から自然治癒が見込める状態をグレード1とし、常に脱臼している状態で手術等によって元に戻すことができなく、歩行異常となるケースをグレード4と考えています。

膝蓋骨脱臼は怪我という位置づけではなく、病気として捉えることが大切です。

原因

チワワ等の小型犬は、生まれつき膝蓋骨に関わる骨や筋肉、じん帯の形成異常が先天的に多いとされています。比較するとオスよりもメスに多く見られ、発症率の差は1.5倍程の開きがあるという報告もされています。

先天的なものだけでなく、交通事故や飼い主が愛犬の足を踏んだり、ぶつかってしまったという偶発的なハプニングにて起こることも考えられます。何らかによって愛犬が興奮するあまりに壁に激突し、足を打撲してしまったというケースや、高さ10㎝程の段差から飛び降りた、ソファから転落したということでも脱臼に至ることがあり、このようなケースが膝蓋骨脱臼の原因として考えられます。

症状

初期の膝蓋骨脱臼は全くの無症状で、自然治癒や獣医師の手技によって症状が治まるケースがほとんどです。ただし、状態が好転しなく脱臼状態が続くと、骨の変形やじん帯損傷といった病気の進行が見られるようになります。

脱臼をした方の足をかばい、浮かせて歩くような異変から飼い主が異常に気付くことが多く、症状が進行してしまうと脱臼した足を全く使わなくなり3本足で歩いたり、膝を曲げたままの状態で歩く、明らかな歩行異常が見られるようになります。

痛みが出るようになると散歩に出たがらなくなったり、他3本の足に負担をかけてしまった結果、立ち上がることができずに失禁してしまうようなケースも考えられます。

治療方法

脱臼の進行具合や犬の年齢、体重等を考慮して治療方針を検討するのが一般的です。
治療の際には関節の変形といった合併症の有無を考慮し、負担がかからないような治療をします。手術による治療が第一優先として検討され、膝蓋骨を正常な位置に戻すための手術が行われます。この場合、グレード1~2の段階で行うことが大切です。

子犬の段階で先天性膝蓋骨脱臼の場合、骨が成長する前の「できる限り早い段階」で手術をすることが推奨されます。既に病状が進行していたり、高齢や骨等の関節が変形してしまっている場合には積極的に手術は行わず、内科療法によって痛みを和らげ、病気の進行を抑える治療が選択されます。

予防方法

室内ではわずかな段差も避けるようにすることや、チワワが転んでしまわないように毛足が長い絨毯の上では遊ばせないようにしましょう。フローリングの場合はコルクマット等を敷いてあげるのがおすすめです。

ブリーダーから譲り受ける場合には、信頼できるブリーダーを頼り、親犬や兄弟犬に先天性疾患を持たない血筋の子をもらい受けることも大切です。

水頭症

水頭症は脳脊髄液と呼ばれる脳内の液体成分が頭部に過剰に貯留している状態です。
脳のむくみが見られる他、脳脊髄液が溜まりすぎてしまい、脳そのものを圧迫してしまう状態に陥るのが特徴です。

原因

小型犬に一番多い原因は、遺伝性の先天性水頭症です。遺伝情報の欠損に起因する発育不全や循環不全が挙げられます。また、生まれる前に母体を通じて何らかのウイルスに感染していることも考えられます。

後天的な水頭症は、頭部外傷によって起こる髄液の貯留、脳腫瘍、ウイルス感染による脳炎等が原因として考えらえます。また、脳には関与しない水頭症とは無縁である病気にかかっても、治癒した後に水頭症の症状が出始めるケースもあるとされています。

症状

黒いチワワ水頭症には脳脊髄液が滞留し、脳内で過剰に貯留されてしまう「閉塞性タイプ」と、脳細胞が破壊された部位に脳脊髄液が貯留されてしまう「代謝性タイプ」があります。

いずれの場合も分かりやすい目立った症状が見られなく、日々生活の中で異変を感じ、病気が判明することが多いです。立ち上がらずにじっと眠ってばかりいたり、病的な程に食欲があったり、歩き方がいつもと違い何もないところで転ぶといった、いつもとは違う異変が見られることがほとんどです。
状況によって吠える、噛む、同じところをぐるぐる回るというような精神症状や、痙攣発作、目が見えていない白内障や斜視の症状が見られることもあります。

また、「モレラ」という頭頂部の骨が接合されずに隙間が空いた状態であると子犬の頃に診断されていたり、こぶがあって頭の形がおかしい等、見た目で分かる異変によって水頭症と判断されることもあります。

治療方法

水頭症は内科治療と外科治療の2つ治療方法があります。

内科治療の場合は薬剤を用いて脳脊髄液の量を減らし、脳圧を下げる対処療法になります。
外科治療の場合は脳と腹部にチューブを繋げ、脳脊髄液をお腹に流して循環を図ります。手術による治療も根治に至るものではなく、チューブを外せばまた症状が出始めてしまうので獣医師と相談の上、治療方法を決めましょう。

予防方法

水頭症は予防方法がなく、後天性水頭症を防ぐためには頭をぶつけないようにするというような手立てしかないのが現状です。
水頭症を防ぐ場合には、遺伝性水頭症が出たチワワの繁殖を断つような根本的な対策が予防に繋がると言えます。ペットショップで購入する際にも血統確認をすることが大切です。

角膜炎

角膜炎は黒目を覆っている透明な膜に炎症が起こる病気です。チワワは黒目の部分が多く、目の表面積も大きいので角膜炎にかかりやすいと言われています。

角膜の表面「角膜上皮」や中間層である「角膜実質」に炎症が起こりやすいのが特徴的です。進行度合いによっては視力を失うこともあります。

原因

犬に起こる角膜炎は、草木によるトゲや衝突によって起こる角膜裂傷による外因性の炎症がポピュラーです。傷や炎症の深さにより「表層性角膜炎」「深層性角膜炎」と診断されることがあります。
また、紫外線や直射日光によって起こる目の炎症「慢性表層性角膜炎」「色素性角膜炎」も多いのが特徴です。その他、細菌やウイルス、カビによる角膜炎もあります。

小型犬には食生活の偏りによるビタミン不足やシャンプー、トリートメント剤が目に入り、刺激を受けたことによって起こる角膜炎も目立ちます。

症状

人間の角膜炎と同様に、犬も痛みを訴えます。前足を使って目を掻いたり、顔を地面や床にこすりつけようとするような行動に異変を感じ、目の病気が判明することがほとんどです。
また、目の奥が青白く見える、目やにや涙が目立つ、しきりにまばたきをするといった症状からも角膜炎を疑うことができます。

角膜炎になると白目が充血していることが多くなりますが、チワワは全体的に黒目がちのため白目の充血に飼い主が気づかず、症状が進行してしまうケースもあります。

治療方法

軽度の角膜炎の場合は安静を保つことを指示されます。安静にしながら、消炎剤・抗生剤等が配合された点眼薬によって治療を行います。
重度の場合は注射による治療や、ペット用のコンタクトレンズの装着によって患部を保護します。1~2週間程の治療で快方に向かいます。

一般的には上記のような治療となりますが、失明の可能性が生じる場合は外科手術を選択されることがほとんどです。角膜の切除や移植をする治療が考えられます。

予防方法

シャンプーを行う際には薬剤が目に入らないようにすることが一番です。また、散歩をする際には直射日光が厳しい時間帯を避け、水溜まりや川には犬を入れないように注意しましょう。もちろん、草むらの中に犬を放さないことも大事です。

また、ロングコートチワワの場合は伸びすぎた被毛が目に入ってしまうことで角膜炎を起こすことも考えられますので、定期的にトリミングを行い、目の周りをスッキリとさせておきましょう。

ストレスレス!普段から健康管理を!

人間と同じように犬もストレスを感じることが、病気の引き金になります。愛犬の病気を予防するために遊ぶことを制限してしまうのは、逆にストレスになってしまいます。安全な場所を作り、専用のおもちゃ等でストレス解消ができるように心掛けましょう。

チワワのような小型犬にとっては衛生環境を維持することも重要です。トイレは常に掃除をすることを心掛け、ウンチは都度取り除き、お気に入りのタオルや毛布はこまめに洗濯しましょう。

グルーミングは飼い主との信頼関係を深めるためにはとても大切です。定期的なトリミングや爪切り、耳掃除を行える環境を整えましょう。獣医師による予防接種やトリマーによるシャンプーやトリミングは、第三者の客観的な視点から愛犬の異常を知るきっかけにも繋がるので大切なことでもあります。

ペットも家族の一員ですから、万一のことを避けるためにも毎日の健康観察やスキンシップの中で小さな変化や異変を見逃さないようにしましょう。毎日を楽しく過ごすことができれば、その分愛犬の寿命を延ばすことにも繋がります。

また、病気の治療をサポートするためにチワワの保険比較ページを参照の上、ペット保険へ加入することも検討してみてください。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加