コラム

注意したい猫の目やにのケア方法

この記事は2016年7月5日の記事を再編集しました。

猫の目には健康状態が現れやすく、他の動物と比べても猫は目やにがよく出る傾向にあります。
今回は猫の目やにについてまとめました。

注意したい猫の目やにのケア方法

猫の目やにとは

目やには、目の表面にある粘膜に涙や老廃物、埃等が合わされることが出てしまう分泌物です。日常生活の中で目やにが出ることはありますが、病気や怪我が原因となっている可能性もあるので、注意深く観察することが大切です。

病院を受診した際に状況説明が細かくできるように、次のことを観察しましょう。
目やにの色と量、どちらの目(もしくは両目)に症状が出ているのか、目自体の異変(充血等)を細かく観察しましょう。

猫は目やにが出やすいのはなぜ?

動物の中でも猫は特に目やにが出やすい傾向があります。犬と比べてみても目やにが出る仕組み自体に違いはありませんが、やはり猫のほうが目やにが出やすい傾向にあるのです。
ではなぜ猫は目やにが出やすいのでしょうか。

通常の代謝で出る目やには少量ですが、細菌感染を起こしている場合には涙に膿が混ざるようになります。また、何らかの原因で炎症が起こっている場合には大量に目やにが出ることもあります。
通常の代謝によって目やにが出るのは免疫反応だからと、「大丈夫」と思い放置してしまうと、二次的な細菌感染を起こしてしまい、膿状の目やにが出るようになってきます。

このようなことから、猫に目やにトラブルが多いのは猫が細菌やウイルス感染をしやすいためと考えらるので、家の外へ出ることがある猫は、最近やウイルス感染をしている可能性があり、室内飼育の猫よりも目やにトラブルも起こしやすいと考えられています。

目やにが出た際に注意して確認するポイント

愛猫に目やにが見られた場合、注意して確認するポイントがあります。

  • 色や量を確認
    目やにが出ていたら色や量を確認しましょう。目頭から目のふちにかけて、赤から赤褐色の目やにが少しついている場合は正常な新陳代謝による目やにです。オッドアイ
    しかし、目やにの色が黄色や緑色、もしくは白色の場合は細菌感染を起こしている可能性が高くなります。
    また、外傷や花粉症等のアレルギー反応による目やには透明で涙がさらさらしている状態になります。
  • どちらの目から出ているのかを確認
    両目から目やにが出ている場合は細菌やウイルス感染をしている可能性があります。
    片目から出ている場合は外傷の可能性が高くなります。
  • 目の様子を確認
    瞳孔の大きさ、白目の部分が濁っているか、まぶたの腫れ、充血等、目の状態を確認しましょう。また、目が痛いようなしぐさをしているかも確認しましょう。

目がいつもとは違う状態である場合はすぐに動物病院を受診する必要があります。注意して確認しておくポイントは獣医師に的確に伝えるようにしましょう。

目やにを防ぐケア方法

目やにが出ているのにそのまま放置してしまうと、目やにが固まってしまうので、湿らせたコットンやガーゼでこまめに拭き取ってあげることが大切です。ただし、拭く時は眼球に触れてしまうことがないように注意しましょう。

また、アルコール成分が含まれているウェットティッシュは目への刺激が強いので使用はNGです。必ずペット専用のものを使用するか、赤ちゃん専用のウェットティッシュを使用しましょう。

多頭飼育の場合には他の猫にまで感染が拡大することが考えられるので、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

軽い風邪等はすぐに治るだろうと飼い主さんが判断し放置してしまった結果、気管支炎や肺炎を起こすほど動物は繊細です。自然治癒ができると軽視せず、できる限り早く病院を受診することが重要です。特に子猫や高齢猫の場合は注意が必要です。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加