コラム

猫の口内炎は重大な病気

この記事は2016年7月20日の記事を再編集しました。

気が付くと出来ている口内炎。小さいとはいえ痛みと不快感を感じる事でしょう。
口内炎は人間だけでなく、猫たちも同じようにでき、口内炎に苦しむケースが報告されています。

今回は猫の口内炎についてご紹介します。

猫の口内炎は重大な病気

猫の口内炎の症状

猫の看護師のキャラクター猫の口の中を意識的にまじまじとのぞき込むことは少ないと思います。猫は日に数回大きなあくびをしますが、小さな口のなかをあくびする一瞬の間で健康状態を判断する事は至難の業と言えるでしょう。もちろん、何分も口を開けた状態で観察させてくれる猫もいません。

猫の口の中をチェックするには、日々のケアの際に、見るポイントをおさえて観察することで症状を確認できることがあります。

日常生活の観察

チェックポイントの1つに「日常生活」の観察があります。猫がいつもと変わらず食事をしているか、排泄をしているか、元気に動き回っているかどうか注意してみてみましょう。
特にいつもに比べて毛繕いをしなくなったと感じた時は注意が必要です。

口内炎だけに限りませんが、普段の生活と違うところがある場合には、何かしらの病気が隠れていることがありますので、注意が必要です。

口臭のチェック

口内炎をチェックする上で重要なのが「猫の口臭」です。

膿んだような悪臭がしたり、よだれで口周りがベタついている場合は、口内炎の痛みによって口を開けることを嫌がっているために起きている可能性があります。異変を感じたら獣医師へ相談しましょう。

口内炎が悪化してしまうと、痛みに苦しみ猫は口を開けることを嫌がります。そのため、食事をすることをさけるようになり、食事回数が減少し、水を飲むことも少なくなってしまいます。

症状が悪化した口内炎を治すことは難しいだけではなく、それ以外の病気を引き起こす原因にもなりかねません。病気になってしまうと、最悪の場合は命の危機を招く可能性も出てきます。猫の口内炎は人間以上にデリケートで深刻な問題なのです。

口内炎の原因

なぜ口内炎が出来るのか。実は現代医学ではまだ解明されていません。しかし、主に細菌の働きが原因となっているのではないかと考えられています。

口内に溜まる食べかす、歯にへばりついた歯石や歯垢は、細菌にとって最適な住処です。

猫は前足をとても器用に使います。しかし、人間のような使い方を出来るわけではないため、前足と共に口を使うことが多いです。そのため、硬いものや尖ったものを口へ入れた際、口内に傷が出来てしまうことも少なくありません。
そして、一般的に猫はきれい好きなため、舌で毛づくろいをします。この時に細菌を口内へ入れてしまうケースが考えられています。

通常であれば、口内に細菌が侵入したとしても、猫自身の免疫力によって抑止されるのですが、口内に傷があったり、体力が弱っている時には、その一瞬を突いて活発になり、患部に炎症を起こします。

人間同様に、体調が万全でないと免疫力が低下するので、口内炎が発生する危険性が高くなることを覚えておきましょう。

猫の口内を健康に保つ、予防方法

猫に異変を感じたとしても、自宅でのケアが可能な範囲であればそのままにしてしまう飼い主さんもいると思います。しかし「様子を見てから病院を受診する」という判断が、最悪の場合命取りとなることも忘れてはいけません。
歯ブラシする猫
猫の様子がいつもと違うと感じた時は、動物病院を受診する事が一番です。実際に病気にかかっていなかったとしても、獣医師に診てもらうことは安心につながります。口内炎の場合は、抗生物質などを処方してもらうこともできます。衰弱してきている場合には、点滴を打つなど、適切な処置を迅速行ってくれることでしょう。

口内炎の予防方法

近年では、猫の口内炎を予防するために、ペット用のデンタルグッズの種類が増えています。
歯磨きをすることが大切ですが、猫によって歯ブラシに抵抗がある子もいると思います。歯磨き嫌いな猫に対しては、飼い主が指にガーゼを巻き、歯の表面をこすってあげるだけでも歯磨き効果があると言われています。
そしてその時、猫用の歯磨き剤を使用してあげると予防効果が上がると言われています。

自宅で予防対策が出来るのが望ましいですが、難しい場合は動物病院で歯石除去をしてもらうことがおすすめです。猫が口内炎に苦しまないためにも、予防対策はとても大切なことです。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加