コラム

猫の寒さ対策で病気知らずの健康体に!

猫は、寒さに弱いというイメージがありますが、実際にはどうなのでしょう。日中の留守番時には、暖房などを切って外出するという飼い主さんの声も聞きます。その場合は、何か対策をしているのでしょうか?

今回は、猫が快適に冬を過ごすための正しい知識を知ることで、猫に寒い思いをさせない方法と、寒さからくる病気についてお話しします。

本格的な冬到来!猫の寒さ対策で病気知らずの健康体に

猫は寒さに弱いって本当?

家猫の先祖は、砂漠地帯に生息していたリビアヤマネコ。砂漠は知っての通り、昼間は気温が50~60度を越え、夜になると氷点下になることもある、寒暖差が非常に激しい場所です。

こうした厳しい自然環境の中でもたくましく生きてきた猫ですから、ある程度の寒さにも強いという意見もあります。

実際、外気が氷点下以下にはなっていない場合、室内の暖房等をしないまま出かける飼い主さんもいることは確かです。

しかし、何も対策をしていないとしたら、猫にとってこれは非常に過酷な環境を言わざるを得ないのです。

実は、猫は寒さにも、暑さにも弱い動物なのです。

猫にとってベストな気温は何度?

猫にとって快適な気温は、おおよそ20度前後です。
しかし、これは健康な成猫の場合です。

幼猫や老猫、病気等で体の弱っている猫の場合、体温調節が上手に出来ずに、この気温でも寒いと感じてしまうようです。 もし飼猫が健康な成猫出ない場合には、気温を23度程度になるようにしてあげると良いでしょう。

また、冬の温度対策は気温だけではありません。湿度が足りずに、空気が乾燥していると、猫風邪などのウイルスなどが繁殖してしまうのです。エアコンと女性

そのことから、室内の温度の確保と同時に、湿度も50%~60%前後を保てるように、加湿器の設置や、濡れたタオル等を室内に干すなどして、湿度を確保することが大切です。

ヒートショックにも注意

近年よく耳にするようになった、急激な温度差により健康被害や死亡することもある「ヒートショック」ですが、これは猫にも当てはまります。健康な猫なら自分で判断して動けますが、老猫や病気で動けない猫などがいる場合には特に注意するようにしましょう。

今すぐしよう!猫の寒さ対策

寒い時期、部屋の中の温度は場所によって違います。そこで、まずは猫の居場所作りの基本についてお話ししたいと思います。

それは、寒さ対策3原則「高く」「離す」「囲む」です。

  • 「高く」
    寒さは下に溜まりますので、キャットタワーや2段以上のケージの上、棚の上等、床から離した場所に居場所を作りましょう。
  • 「離す」
    窓の近くは冷気が入り込みますので、窓から離した場所に居場所を作りましょう。
  • 「囲む」
    キューブ状やドーム型の猫ベッドなどは、入口以外囲まれているので、冷気が入りにくく、温まり易い環境になります。さらにフリース素材や毛素材などの暖かい布等を入れてあげることで、寒さから体を守ることができます。

以上のことを考慮した上で、次にあるような、愛猫に合った寒さ対策を追加でしてあげると良いでしょう。
※床暖房がonの場合は、「高く」は必ずしも必要ではありません。

床暖房やエアコンで温度調節

これらは、一番簡単で安全性も高い方法です。床暖房に似た方法としては、電気カーペット等もありますが、留守等で人が居ない場合には、低温やけどや火災の心配もありますのでオススメ出来ません。同様に、石油ファンヒーターや電気ストーブなども留守時の暖房としては危険です。

湯たんぽで保温

市販品には、文字通りお湯を入れる品、レンジで温めて遣う品、充電式など、様々な製品が出ています。緊急時など、すぐに保温が必要な場合には、ペットボトルにお湯を入れてタオルで包む等することで、湯たんぽの変わりにする方法もあります。

猫用こたつで保温

基本、猫はこたつが大好きですが、人間用のこたつは温度が高すぎるので、猫にとって本当は健康上あまり良くありません。市販されている猫用こたつは、電源を入れても人間用ほど温度が高くなりませんので、安心です。ただし、外出時にはやはり火災等が心配ですのでオススメ出来ません。

アルミシートで保温

「エマージェンシーブランケット」等の名称で、主にキャンプや非常時に、毛布代わりに使われる薄いアルミシートが販売されています。このシートをペットベッド等の下に敷いたり、毛布等の布の間に挟んで縫ったりしたもの(手作り)を使用することで、冷気を遮断、ペット自身の体温で温かさをキープすることが出来るようになります。
※防水仕様でもあるので、窒息などに注意。直接触れられる方法での使用はしないようにしましょう。

ブラッシングで保温

意外に思われるかもしれませんが、ブラッシングも寒さ対策では重要です。というのも、ブラッシングすることで、被毛の間に空気の層が出来やすくなり、していない時に比べて、より保温が可能になるからです。

寒さから起こる病気には何がある?

寒さから来る病気で、最初に思い浮かぶのは風邪ですね。猫は厳密には風邪は引きませんが、通称「猫風邪」と呼ばれる「猫ウイルス性鼻気管炎」や「猫カリシウイルス感染症」といった、風邪に似た病気が発症する猫は多いです。ウイルス

上記も含めて、寒さが原因の病気にはどのようなものがあり、どのような症状が出るのかをみてみましょう。

猫ウイルス性鼻気管炎

猫ヘルペスウイルス(FHV)が原因で発症します。風邪に似た症状(くしゃみ・鼻水・発熱・目やに)と共に、下痢、食欲不振等の症状が出ることもあります。通常は2週間程度で治りますが、ひどい場合には、脱水症状や肺炎を起こすなどで死亡する例もあります。

特に幼猫は注意が必要で、進行が早い傾向にあります。ワクチンの予防接種が有効なので、必ず受けるようにしましょう。

猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルス(FCV)が原因で発症します。症状は猫ウイルス性鼻気管炎と似ており、双方のウイルスに混合感染する場合もあります。進行すると水泡や潰瘍が口内や舌に現れ、痛みでよだれが出たり、食べられなくなったりすることもあります。

悪化すると肺炎になり死亡例もあるため、早めの対処が肝心です。

また、症状が回復した後にも、唾液中にウイルスが数週間~数ヶ月(一生の場合もあり)残ることがあり、無症状であっても感染源となってしまうこともあります。多頭飼いの場合には特に注意が必要です。

尿路疾患(膀胱炎・尿路結石などの尿閉)

猫は寒いと水をあまり飲まなくなります。そのため、尿が濃くなり、膀胱に溜まった尿中の成分が固まって結石となり尿道を塞いでしまったり(尿路結石)、細胞の一部が尿道を塞いだりといった尿閉が起こり易くなります。

尿閉は尿道の細い雄に多く、尿が外に出せなくなるため膀胱に毒素が溜まり、腎不全になり短期間で死に至る危険もある病気です。尿が出ていないと気がついたらすぐに病院に行くことが大切です。

また、雌も寒いとトイレの回数が減るため、細菌が尿道から膀胱内に入り炎症を起こす膀胱炎に注意が必要です。

おわりに

猫は寒さに弱いとお話ししましたが、人間にも程度の差があるように、猫にも寒がりの子とそうでもない子がいます。寒さに強い子は、日中は暖房がなくても氷点下にならない限り、寒さ対策の3原則を守ってさえいれば大丈夫なこともあります。

健康な成猫は、自分で暖かい場所を見つけて過ごす術を知っているからです。けれど、日中も日当たりが悪い部屋や、冷え込む部屋、猫が運動をするスペースがあまりない部屋など、環境によっては過酷な場合もありますので、猫の行動などもよく見て判断しましょう。

また、幼猫や老猫、病気の猫などがいる場合には、いつもに増して気温と湿度に注意してあげることが重要です。

言葉が話せないペットの環境が心地よいものになるか、過酷なものになるかは飼い主さんにかかっています。家族として迎え入れたペットのために、この記事をヒントに寒さ対策をして頂けましたら幸いです。

■関連記事
愛猫が尿路結石に!症状の見極めと原因・予防方法
猫が居心地の良い空間を作るためにするべきこと
犬猫グッズのDIYについて
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加