コラム

保存版!どれが快適?猫のトイレ事情と種類・お手入れガイド

猫のトイレについて悩まれている飼い主さんは意外に多いようです。そこで今回は、猫のトイレにはどのようなものがあるのか、どこに設置すればよいのかなど、猫トイレに関する悩みについて、解決する方法に迫りたいと思います。

猫とトイレ

猫のトイレに最適なのはどれ?

猫のトイレ猫のトイレと一口に言っても、最近は様々なタイプのものが販売されています。どれが良いのか、悩むことも多いのではないでしょうか?そこで、猫トイレの種類とそのメリット・デメリットについて一覧にしてみました。

一般的なトイレの様式

シンプルな一層式トイレ

猫のおしっこ等の水分がかかると団子状に固まってくれるタイプの猫砂を使用する際におすすめです。お手入れは、固まった猫砂と排泄物を付属のスコップ等で取り除くだけで基本はOKです。

総費用が安価であるメリットがありますが、消臭タイプの猫砂を使用していてもニオイを完全に防ぐことができないというデメリットもあるので、こまめな掃除が必須となります。

二層式のシステムトイレ

猫砂の下に、猫砂より小さな網目があり、おしっこはその下に落ちるタイプです。網目の下には、おしっこを吸収するシートやボードなどを設置します。

シートやボードに強力な消臭作用のあるものが使用されていることが多く、固形の排泄物のみの掃除で一週間臭わないトイレなどもあり人気です。デメリットとしては、総費用が高い傾向にあることでしょう。

トイレのカバーについて

上記で紹介した2種の一般的トイレには、オープンなものの他に、カバーのついているものもあります。それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

オープンタイプ

排泄物の確認がしやすい、掃除がしやすいというメリットがある反面、猫砂が外部に飛び散りやすいというデメリットもあります。排泄後に猫砂を勢いよく掻く猫ちゃんにはおすすめできません。

ハーフカバータイプ

出入り口以外の部分に壁が設けられており、猫砂が飛び散りにくいというメリットがあります。カバー付きのため、若干掃除がし辛い傾向もありますが、カバーの取り外せるタイプもありますので、購入前に確認すると良いでしょう。

ドームタイプ

基本は、出入り口以外はドーム状に覆われているタイプです。中には、出入り口に扉がついているタイプもあります。メリットとしては、猫砂が飛び散らない、人目が気になる猫ちゃんでも、安心して排泄ができるというものがあります。

また、二層式のシステムトイレタイプなら、匂いがほとんど洩れてこないというメリットもあります。

その他のトイレ

出入り口が上部についている進化型トイレ

箱型トイレの上部の一部に穴があいている状態のもので、そこから入って用を足します。そのため、猫砂を激しく掻く猫ちゃんでも飛び散ることがないというメリットがあります。
ただし、現状の市販タイプでは、猫砂は固まるタイプを使用することになりますので、こまめな掃除は必須です。

お手入れ簡単自動トイレ

猫が使用したことをセンサーでキャッチ、自動的に排泄物をコンテナに収納してくれるトイレです。毎回の掃除はいらず、コンテナがいっぱいになったときにだけ管理すればよいのと、脱臭機能が付いているものがほとんどなので、匂いも防いでくれ、お手入れが楽です。

しかし、自動トイレだけあって、始めの出費が高額になるデメリットがあります。猫のトイレについては、予算や猫の性格も考慮して選ぶと良いでしょう。

猫のトイレの猫砂は何がよいの?

猫砂猫砂といっても、最近は紙でできたものや、木製チップ、粘土系の鉱物チップ、おからやコンスターチを主原料にしたもの、消臭成分のシリカゲルを原料にしたものなど、様々なものがあります。
それぞれにメリットがあるのですが、猫砂に関しては、猫ちゃんの好みが分かれるところが大きく、実際に使用してみないと何とも言えないところはあります。

まずは、良さそうなものを選んでみて、猫の反応を見てみると良いでしょう。

  • 紙製
    抜群の吸収力があり、トイレにも流せるものが多いのもこのタイプです。デメリットとしては紙の粉が舞い易いということがありますが、最近はそれを抑えたタイプも販売されています。
  • 木製
    吸収力があり、消臭効果も高いというメリットがあります。また、燃えるごみに出せて、土にも還りますのでエコでもあります。比較的単価が高いところがデメリットです。
  • 粘土などの鉱物系
    吸収力があり、よく固まるので掃除がしやすいメリットがあります。殆どの自治体では不燃ごみとなるところがデメリットです。
  • 食物系
    おからやコンスターチなどを原料にしているので、万が一猫が食べてしまっても大丈夫なところ、トイレに流せる・燃えるゴミに出せるなどのメリットがあります。デメリットとしては、砂が散らばりやすい・重い・価格が高いとうところでしょう。
  • シリカゲル製
    システムトイレで使えるタイプで、とにかく消臭性に優れます。一ヶ月取り替え不要タイプなどもあり、掃除が楽です。しかし、シリカゲルの粉が足について、白い足跡がついてしまうこともあります。また、燃えないゴミになるところがデメリットです。

猫のトイレはどこに置く?

せっかく吟味して選んだトイレも、設置場所が悪いと猫はそれを使用してくれません。「なぜしてくれないの?トイレが悪いの?」「しつけができていないからダメなの?」と悩む前に、設置場所が猫にとってストレスを感じるところではないか、確認してみましょう。

猫の嫌がる場所とは?

  • 人の出入りが激しい
  • ご飯や飲み水のあるところに近い
  • 人の目が気になる
  • 音がうるさい

上記のような場所にトイレがある場合、使用してくれない可能性があります。できるだけ、人の出入りの少ない静かで、餌や水飲み場から離れたところに設置すると良いでしょう。

ここに注意!

猫はトイレをしているときに嫌なことを経験すると、トイレを我慢してしまうことがあります。膀胱炎などの病気になってしまうこともあるので、注意が必要です。

猫トイレの掃除はどう管理している?

猫にはほとんど体臭がありません。それにも関わらず猫は臭いと思われがちな原因は、その排泄物にあります。逆から言えば、トイレをキチンと管理することで、匂いのない快適な環境を維持することができるのです。
では、どの頻度で掃除をすれば、清潔を保てるのでしょうか?

  1. 固形の排泄物や固まった猫砂は、使用の都度、掃除して取り去る。
  2. システムトイレの猫砂やシートなどは説明書通りに使用し、適切に交換する。※1週間・1ヶ月など使用期間が書いてあるものでも、猫の排泄量によっては短くなるので、よく観察してその猫に応じた期間を設定する。
  3. 継ぎ足しOKの猫砂でも、2~4週間に一度は全部を取り替え、その時には、トイレ自体も水洗いをする。

上記が基本です。

でも、猫砂を全部取り替えたり、トイレ全体を水洗いしたりするのが手間で、ついサボってしまう…という飼い主さんに、簡単にできる掃除方法をご紹介したいと思います。

かんたん猫砂・シート処理の方法

これは、一般的な「シンプルな一層式トイレ」「シートを使用するシステムトイレ」の場合に使える方法です。

ゴミ袋使用するのは、一層式のトイレ全体をカバーできる大きさのビニール袋、もしくはシステムトイレのトレイの大きさのビニール袋です。これを、一層式ならゴミ箱にゴミ袋を設置する要領で、またシステムトイレの場合はトレイをビニール袋に入れて、それらの上に猫砂やシートを敷くだけです。

猫砂やシートを交換したい時には、猫砂ならビニールを持ち上げて口を絞るだけですぐにゴミとして捨てられますし、トレイの場合には、ビニール袋をひっくり返しながらトレイから外すことで、シートがビニール袋の中に入り、そのまま口を閉じれば捨てられるようになります。

この方法ですと特に一層式の場合は、トイレ自体は全く汚れませんので、掃除の必要がありません。

おわりに

猫のトイレはシステムトイレで木製チップやボード使用をするタイプが一般的で、一番消臭が行き届き快適であると報告もありますが、毎日のことでもあるので維持費や環境も考慮して決めると良いのではないでしょうか。

その場合にも、最終的に決めるのは猫ちゃんです。猫によっては、猫砂の種類や大きさにこだわる子もいます。

しつけには、猫のニオイがついているものをトイレに入れる、排泄したそうに見えらたトイレへ連れて行く等がありますが、それでもトイレで排泄をしてくれない場合は、猫砂やトイレの仕様、設置場所等にも目を向けてみてくださいね。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加