コラム

猫の妊娠・出産で気をつけたいこと

この記事は2016年10月12日の記事を再編集しました。

近年テレビでも特集が組まれるほど人気となっている猫。猫は人間と同じように哺乳類なので、発情期を迎えると異性を求め、行動を起こし新しい命を宿します。

飼い主さんとしても、新しい命を宿すことは喜ばしいことですが、妊娠中の猫と接する際の注意点がいくつかあります。妊娠中の猫と接する際の注意点を守らないと、猫にストレスが溜まり、母猫の命すら危険な状態になることもあります。

今回は、「妊娠期間と兆候」「環境作り」「出産後の行動」についての注意事項をまとめました。

猫の妊娠・出産で気をつけたいこと

猫の妊娠期間と妊娠兆候

猫の妊娠期間は、60~68日が目安となります。ですが、猫が実際に妊娠しているのか判断をするのは、妊娠してからある程度期間を過ぎないと分からない部分があります。

実際に妊娠しているかの判断をする目安として、以下のような妊娠兆候がみられます。

  1. 猫は哺乳類なので、妊娠期間が進み分娩が近づくと、子どもに母乳を与えるために母猫の乳房が膨らんできます。
  2. 猫も生き物として意思を持っているため、新しい命を産み落とすことは最大のストレスを感じる瞬間でもあり、自身のストレス解消と赤ちゃんに栄養を届けるために、食事の量が増え、体重が増加します。
  3. 行動にも変化が見られます。普段活発に動いているはずの猫が安静にしていたり、逆に安静にしているはずの猫が活発に動くようになったり…。また近づこうとすると、猫が攻撃的になり、こちらを追い払おうとするような行動を起こします。

攻撃的になるのは、お腹の中の赤ちゃんを守ろうとする防衛反応で、これも妊娠兆候して覚えておきたいものです。

飼い主さんができる環境作り

飼い主さんとして、妊娠している猫を気遣いたくなるのは当然のことだと思います。しかし、過度に気遣ってしまうことは、後々問題になることもあります。

飼い主さんができることは、出産までの間、赤ちゃんが体の中でしっかりと発育できるように、栄養に富んだ食事を与えること、出産をする際に産みやすい環境を作ってあげることです。
寝てる猫
母猫が出産しやすい環境というのは「暗く乾燥している、温かい空間」です。野生の猫は、暖房効果のある柔らかい草の上で出産をする修正があるので、赤ちゃんを包み込むための絨毯のような大きめの布を用意してあげるようにしましょう。

しかし、人間ができるのはここまでです。出産後の赤ちゃんの処置まで行うことは控えましょう。猫にとって母の意識が生まれるのは、赤ちゃんが生まれた瞬間にまだ繋がっているへその緒を切り、胎盤の膜を食べ、濡れた毛を舐めて乾かしてあげた瞬間です。

この工程を人間が全て行ってしまうと、母猫は人間がすべてやってくれるので、自分は関与しなくても良いという考えになり、育児放棄をしてしまうことに繋がります。

出産後に気をつけること

一度以上の出産経験がある猫であれば良いですが、初めての出産を経験する猫の場合、出産後の行動にも注意が必要です。

先述の通り、猫も意思を持つ生き物で、自身が経験したことのない出来事に遭遇すると、過度なストレスを感じてしまいます。初めての出産は、母猫にとっては激痛からの解放と共に、子どもを育てなくてはならない重圧を感じているものです。

そのため、出産後の行動でいきなり子猫に近づくことは、いくら気を許している飼い主であっても、母猫としての本能が働き、飼い主さんにも攻撃をすることがあります。

飼い主さんは構いすぎてしまうことなく、栄養に富んだ食事を用意し、母猫の近くに起き、与えたらすぐに離れるようにしましょう。これは、子育ての邪魔になるから離れたら良いということではありません。

人間と同じように、ストレスを感じたときにはその負担を和らげたいという気持ちを持ちます。近づいても威嚇せずに、甘い鳴き声ですり寄ってくるときには、子育てのストレスが大きくなっている証拠なので、生まれた子猫と共に思い切り甘えさせてあげることが大切です。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加