コラム

猫を飼うために必要な4つのこと

この記事は2016年9月14日の記事を再編集しました。

猫はニオイ問題が少なく、散歩へ行く必要もないため、一人暮らしの家庭でも比較的飼育しやすく、近年多くの家庭で飼われていますね。
動物を飼うということは、責任が伴います。ペットが健康的に過ごし、飼い主も安心して過ごすためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。

今回は猫を飼う際に知っておきたい必要なことを4つ紹介します。

猫を飼うために必要な4つのこと

猫にも健康診断とワクチンが必要

私たちが1年に1回健康診断を受けるのと同じように、猫も健康診断を受ける必要があります。しかし、動物に対しての医療はあくまでも「自由診療」となるので、費用がかかるためについつい後回しになりがちです。ペットの健康診断を後回しにしてしまったために病気にかかってしまい、気付いた時には手遅れの状態だったというケースもあります。

予防注射をする猫動物病院の健康診断には様々なプランがあります。問診と触診のような簡易的な検査から、エコーやレントゲンによって詳しく調べる検査等様々です。
簡易的なものは1~2ヵ月に一度、詳しい検査を含むものは1年に一度を目安に受けると安心です。

また、狂犬病以外の混合ワクチンは、1年に一度のペースで受けておくと病気の予防対策となり安心です。

このような定期的に必要となる費用は、猫を飼う上で必要な支出分として計算しておくようにしましょう。

ノミ・ダニ予防等の医療費

猫を飼う上で避けられない問題の一つが「ノミ・ダニ問題」です。猫の身体はノミやダニにとっては非常に過ごしやすく快適な場所です。

ノミやダニに噛まれるとかゆみが現れるため、猫にとって良いことは一つもなく、ひどくなると皮膚病に発展する可能性もあります。もし皮膚病を起こした場合、治療後の予防も施す必要があるので、この時の費用についても必要支出分として計算しておくようにしましょう。

また、ノミやダニは猫と一緒に過ごしている飼い主のベッド等にも移ってくるので、人間にとっても重大な問題となります。

猫の身体の大きさによって予防対策は異なるので、その方法は様々ですが、一般的には防虫効果がある首輪等のグッズを使用したり、投薬等が用いられます。しかし、その猫に合っている方法が見つかるまでは、いろいろな方法を試してみる必要があることも頭に入れておきましょう。

去勢・避妊手術はメリットもあるので検討しましょう

去勢・避妊手術は猫の生殖機能を傷つけるようで躊躇する飼い主さんもいるようです。しかし、実際には猫にとってもメリットがあることをご存じでしょうか?

猫は1年に2~3回発情期を迎え、1度の出産で4~5匹の子猫を産みます。そのため去勢・避妊手術をしていなければ、あっという間に個体数が増えてしまいます。

手術猫子猫が誕生しても面倒が見切れなかったり、里親探しができないこともあると思います。このようなことを回避するために、手術が可能な時期が来たら去勢・避妊手術をするようにしましょう。手術をすると、そもそも発情期を迎えることがなくなります。
※生後半年程から手術が可能となります。

また、ホルモンに関連する体調不良や欲求不満等のストレスを軽減することができるだけでなく、生殖器に関するガン等の病気リスクを低くすることもできます。

猫は生後半年程すると生殖が可能となるので、それまでには必ず去勢・避妊手術を検討しましょう。猫の落ち着いた暮らしや飼い主のリスク軽減のためにも、去勢・避妊手術は大切なことです。

ペット保険を検討しましょう

猫を飼うということは、様々な場面で医療費が発生します。医療費のみならず、日々の食費や雑費等を計算してみると、猫を飼うことは簡単ではないことが分かると思います。
もちろん、予防対策をしていても怪我や病気いなる可能性もありますし、猫の年齢が上がるにつれてそのリスクは高まります。

もしもの時に安心して治療ができるように「ペット保険」があります。人間の医療保険と同じように、動物病院で受けた医療費の一部を補償してくれます。経済的な負担を軽減できるので、突然の怪我や病気であっても安心して治療をすることができます。

愛猫と長く生活する上で、安心した日々を過ごすためにもペット保険の加入を検討してみるのがおすすめです。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加