コラム

猫の習性から学ぶ、爪とぎのしつけと防止策

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

猫の習性の一つに「爪とぎ」があります。爪とぎグッズは様々なものが販売されていますが、猫によっては爪とぎグッズではなく、他の場所で爪をといでしまう子もおり、これに悩まされている飼い主さんも多いようです。

今回は爪とぎのしつけ方法や防止策と通して、悩みを解決する糸口を探ります。

猫の習性から学ぶ、爪とぎのしつけと防止策

猫はなぜ爪とぎをするのか

新品だろうが何だろうがお構いなしにガリガリと爪をとぐ…。気がつくと壁は傷だらけ、ソファーはボロボロ…なんていう経験のある飼い主さんは多いのではないでしょうか?

爪とぎは猫の習性だと分かっていても、用意してある爪とぎマットで爪とぎをしてくれたらいいのに…。そんな心の声が漏れ聞こえてくるようです。

しかし、この猫の習性というのが問題解決のヒントにもなります。これ以上被害を広げないためにも、猫がなぜ爪とぎをするのかをもう一度考えてみましょう。

猫が爪をとぐ3つの理由

猫が爪をとぐ理由は大きく分けて3つあります。

  1. 爪を剥がすため
  2. 猫の爪をよく観察してみると、爪が剥がれかけていたり、爪とぎをした周辺を見回すと、まるで脱皮したような爪が残っているのを見かけることがあります。

    これは、猫の爪が「爪とぎ」等の刺激によって剥がれ落ち、新しい爪が現れる構造を持っているからです。
    爪を剥がす行為は、いつも鋭利な新しい爪を確保するためであり、特に野生の場合は自身を守るためにも必要不可欠なものなのです。

    野生の猫がボロボロの爪な場合、外的から身を守ることができない、狩りの失敗によって食料を確保できなくなる、上下移動が困難になるため行動範囲が縮小される等、様々な不都合が生じ、それは死にも直結します。

  3. マーキング
  4. マーキングも猫の習性の一つです。肉球にある臭腺から独自のニオイを出すことで、爪をといだ場所を自分の縄張りである(自分のものである)ことを主張する目的があります。

  5. ストレス発散
  6. 猫の性格にもよりますが、猫はとても繊細で基本的に環境変化を嫌う傾向があります。見知らぬ人が訪ねてきたり、部屋の模様替え、飼い主の雰囲気がいつもと違うだけでもストレスを感じます。

    また、怒られた時や何かを失敗した時にも爪をとぎます。これもストレスを溜めてしまわないための行動の一つで、「転移行動」と言われ、ガリガリと爪とぎをすることで気持ちの切り替えをしているのです。

こうしてみてみると、爪とぎは猫の習性の一つであることが分かります。無理に止めさせることは、精神衛生的にも悪い影響を与えてしまいます。本来なら自由に爪とぎをさせてあげることが猫にとっては幸せなのです。

しかし、そこら中で爪とぎをさせるわけにはいかないですよね。そこで、それぞれの猫に合うしつけ方法を探してみることにしましょう。

猫の爪とぎのしつけの方法とは?

しつけは子猫の時にするほうが、短い期間で成功する確率が高いです。しかし、成猫だから無理というわけではありません。愛猫のためにも、焦ることなくじっくりとしつけと向き合っていきましょう。

猫にあった“爪とぎ”を見つける

爪とぎグッズは様々な形状や素材のものがあります。もし、現在設置している爪とぎでは全く爪をといでくれな場合、それは猫にとって好ましくないのかもしれません。

この場合、形状や素材を変えた爪とぎをいくつか与えてみてください。また、マタタビやキャットニップ等、猫の好むニオイを付けることもおすすめです。

猫が好む場所に設置する

トイレの近くや人の出入りが激しいところに設置していると、猫は嫌がります。猫が好ましくないと思っている場所に爪とぎを設置してしまうと、猫は他の場所で爪とぎをしてしまいます。

爪とぎを数ヵ所に設置し、猫が好む場所を見つけましょう。

爪とぎする瞬間にキャッチ&移動

爪とぎに好ましくない場所で猫が爪をとごうとした瞬間、もしくはといでる最中に、猫を爪とぎグッズの前へ移動させる方法です。
何度も根気強く繰り返すことで、爪とぎはグッズでするものだと学習します。

叱る&褒める

好ましくない場所で爪とぎをしていたら、大きな声で「ダメ」等と短い言葉を発して、その場を離れさせるようにさせ、爪とぎグッズで爪とぎをしていた時には「偉いね」等と褒めてあげる方法です。

猫は大きな声を嫌うので、良くない場所で爪をとぐと大声を出されてしまうということを学習し、爪をとがなくなります。

ただし、これは爪とぎをしている最中にのみ有効的な方法です。長々と説教をしても効果はありません。むしろ、長々と怒鳴ってしまうことで飼い主さん自体を嫌ってしまうことがあるので、逆効果と言えます。

また、猫は高くやさしい声を好むので、高い声でやさしく褒めてあげることで爪とぎ場所を定着させる効果も期待できます。

爪とぎ防止グッズとの併用

猫の爪とぎ防止グッズは様々なものがあります。そういったグッズと、先に挙げたしつけ方法を併用することで効果アップが期待できます。

爪とぎを壁等でさせないための防止策

保護シート

猫が爪とぎをしそうな壁や柱に貼り、爪とぎを防止するアイテムです。
保護シートを貼った面はツルツルとした感触になるので、爪とぎをする欲求が薄れる効果と、もしも爪とぎをしてしまっても壁に傷がつきにくくなる効果があります。

現在販売されている保護シートは、主に白色と透明のものです。シート自体は吸着タイプと粘着タイプがあり、砂壁や土壁以外であれば貼ることができます。
しかし、粘着タイプのシートは糊で貼らなければならないため、保護シートが不要になった際、現状復帰をすることが難しいので使用の際には注意が必要です。
※剥がす際に下地が一緒に剥がれる恐れがあります。

爪とぎ防止スプレー

爪とぎ防止スプレーには2種類あります。

  • 猫のフェロモンを利用したもの
  • 猫の頬からはフェロモンが分泌され、慣れ親しんだ場所や動物等にこすりつけることで、その場所や動物に安心と落ち着きを感じることができます。

    先に述べた通り、猫の爪とぎはストレス解消やマーキング(縄張りの主張)の意味があるので、このスプレーをすることで双方が解消され、爪とぎをすることがなくなる効果が期待できます。ほとんどの猫が10日前後で爪とぎをしなくなったという実験結果もあります。

    しかし、爪とぎ本来の目的は、まさに「爪をとぐ」ことになるので、このスプレーをしたとしても、専用爪とぎが猫が好む場所に設置されていなければ意味がありません。

    このスプレーは猫が好む爪とぎ&設置場所を探すのと並行して使用する必要があります。
    ※なお、このスプレーには猫のストレス緩和や、トイレ以外の場所で排尿をしてしまった際のしつけにも効果があるそうです。

  • 猫の嫌がる匂いを利用したもの
  • 猫が苦手とする柑橘系のニオイ等が含まれたスプレーをすることで、爪とぎを回避させます。芳香剤とは違い、拡散されることが少ないので、スプレーをした部屋全体が苦手なニオイになってしまうことはなく、ピンポイントの場所で効果を発揮します。

    爪を研ぐ猫保護シートとは違い、階段や椅子の足元、スリッパ等、幅広く使用することができるため、シートと併用することもおすすめです。

    ただし、ニオイに慣れてしまう猫もいるようなので、効果ははじめのうちだけということもあるようです。
    しつけと併用し、猫に効果があるうちにしつけを終わらせる使用方法がおすすめです。

爪キャップ

猫の爪にキャップを被せ、爪とぎ行為をしても傷がつけられなくする方法です。
使用の時は、爪を切った猫にキャップを装着しますが、猫の爪は剥がれて新しい爪が現れる性質を持っているので、キャップは約1ヶ月程で取れてしまいます。

爪キャップは様々な色があり、一部の飼い主さんの間でファッションとして装着することが流行ったことも一時期ありました。

しかし、爪とぎというのはストレス解消行為でもあるので、キャップをすることで爪とぎ行為をしても爪が引っかかることなく滑ってしまうため、ストレスが緩和されることがありません。
そのため、キャップを付けている猫の中には問題行動を起こしてしまったり、元気が亡くなったりする子もいるようです。

爪キャップは賃貸住宅なので、壁等に傷を付けられないというような事情がある場合に、しつけと並行して短期間使用するのが良いのではないかと思います。

その他の方法

「抜爪(ばっそう)」という猫の爪を手術で取り除く方法があります。しかし、これは猫の爪だけではなく骨の部分からカットをするため、世界的には虐待とみなされており、先進国の多くでは法律や条例によって禁止されている行為です。

日本では今のところ罰則はありません。しかし、猫にとってのメリットがないばかりか、ストレスを蓄積する可能性も高いので、抜爪手術を拒否する獣医師もいます。

また、感染症や合併症も懸念されており、現段階では抜爪手術をした猫の約20%が何らかの問題を抱えているというデータも公表されています。

抜爪以外にも、爪を出すために必要な靭帯を切り、爪を出せないようにする手術もありますが、これも猫にとってはストレス緩和の方法が奪われることに変わりありません。爪は伸びるので、定期的に人の手によって爪切りをする必要もあります。

おわりに

爪とぎは子猫の頃にきちんとしつけをしておくと、その後とても楽になります。もちろん成猫になってからしつけることも可能です。
また、猫が爪とぎをするのか、その習性を把握したことでどのような対処をすることができるのかも見えてきたことだと思います。

大切なことは、家族でもある愛猫に、いかに満足のいくQOL(quality of life)、すなわち生活の質を向上させたり、生きがいや幸福を見出すことができる環境を維持できるのかを考えてあげることだと思います。

その上で問題行動に対して、どのように対処するのか最善策を考えていくことがストレスに弱い猫の健康を維持しながら問題を解決することに繋がっていくのではないかと思います。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加