コラム

猫の腎臓病を知る「腎不全について」

猫の腎機能は弱く、若い世代から腎臓病にかかりやすい傾向にあります。年齢を重ねるとそのリスクは群を抜いて高くなるため、幼いころから腎臓病・腎不全に対する予防やケアをしておく必要があります。

今回は、猫がかかりやすい腎不全に関する情報や、万一愛猫が腎不全にかかった場合の治療法や動物保険の適用例に関してまとめました。愛猫を病気から守り、一日でも長生きしてもらうために、必見の話題です。

猫の腎臓病を知る「腎不全について」

猫の腎不全とは?

猫の腎臓は小さく、血液中の老廃物を濾過する能力も少ないデメリットがあります。そのため、食生活等の生活習慣が原因で腎臓疾患が起こりやすい傾向にあります。

猫がかかりやすい病気の一つである「腎不全」とは、腎臓の機能が低下した状態であることを意味しています。ステージ区分される場合がありますが、腎機能は一旦壊れてしまったら改善されることはありませんので、初期の段階でも「慢性腎不全」と診断されることがあります。

腎不全の初期段階は無症状ですが、多飲多尿の異変で病気に気づくことがあります。症状が進むと、食欲がなくなる・吐き気が続く・痩せるなど、腎機能の低下によって生じる合併症の症状が出始めます。

末期症状では、尿毒症を引き起こし、ふらつき等が見られます。末期の場合、高齢の猫はもちろん、多くの猫が命を落としてしまいます。

腎不全の症状から兆候を見分けよう!

猫の腎不全は無症状の段階から腎機能の低下が始まっているので、普段の猫の様子を注意深く見守る必要があります。初期段階では、水をたくさん飲む、尿をたくさん出すというように「多飲多尿」の症状が現れます。

喉が渇くため水を欲しがる、トイレの時間が長い、だるそうにうずくまっているという状態が続けば、早めに獣医師の診断を仰ぎましょう。

早く症状に気付き、医師の診察を仰ぐほど、寿命を全うさせることができます。
症状に気づかず、食事も現状のままであれば、更に病状が進行する可能性が高まります。食事を避けるようになる、食べては吐くを繰り返す状況であれば、腎不全の症状は進行している可能性があります。

腎不全の治療法と保険の適用例

腎不全の診断には血液検査が行われます。この数値結果をもとに進行度合いなどを見極めます。

治療に関してですが、進行度や猫の年齢を鑑みて治療方針が決まることが多いようです。
多くの場合、入院や手術はせず投薬を中心とした定期的な通院治療によって経過観察を行います。投薬内容としては、降圧剤やホルモン剤の投与が中心です。

通院によって、輸液による点滴を行い、血液中の窒素の数値を下げる治療等も行われます。併用して低たんぱく質の病気療養食に切り替えます。
猫の看護婦
若い猫で、体力がある場合は「腹膜灌流(ふくまくかんりゅう)」と呼ばれるお腹に灌流液を流し回収する腹膜透析治療の他、人工透析治療を選択することがあります。ただし、透析関連の治療は1度選択すれば週に数回通院を強いられることになります。治療中、場合によっては麻酔をかけることもあります。

治療は、猫にとってストレスにもつながりますし、都度の検査や治療で費用もかさみますので、医師との治療方針についての話し合いが大切になるでしょう。

病気にかかってから動物保険に加入することはできませんが、生まれて間もない頃から動物保険に入っていた場合、通院や入院治療の補償を受けることができます。

保険商品によっては、上限額以内の範囲で50%~70%の治療費を年間20回までカバーしてくれるものもあります。長期戦になる腎臓疾患の治療です。治療内容によって「全額実費で払う」「動物保険を使って補償を受ける」というように使い分けをしていくとよいでしょう。

もちろん、ペット保険を選ぶ際は「通院・入院のいずれの場合も補償」してもらえる商品を選ぶこともポイントです。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加