コラム

猫によく見られる腎臓系の病気がキケンな訳

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

ペットとして飼育される動物の中でも、猫は他の動物と比べて腎臓疾患にかかりやすいと言われています。
病気によって、腎臓は一度機能しなくなると完治が難しく、最悪の場合は命にかかわる重篤な状態になることもあります。

早期発見するためにも、腎臓系疾患の内容を知っておくことは大切なことです。今回は、腎臓疾患の種類と特徴から、どのような病気でどう危険なのかをご紹介します。

猫によく見られる腎臓系の病気がキケンな訳

猫はなぜ腎臓疾患になりやすいのか

腎臓の働き

まず初めに、腎臓の働きについてお話しましょう。腎臓は血液をろ過して不要なものを取り除き、再度一定の濃度を保った血液を送る役目をしています。この仕組みは、腎臓のネフロンと呼ばれる部分(糸球体・ボーマンのう・近位細尿管・遠位細尿管・ヘンレループ・集合管)で成り立っています。

ネフロンの量

猫は血液のろ過や、尿生成に関わるネフロンの量が極端に少ないことも、 腎臓疾患になりやすい要因であるとも言われています。

犬のネフロン量が約80万個と言われておりますが、それに比べて猫は約20万個と犬の4分の1しかありません。ネフロンは、その機能が一度失われてしまうと現段階では再生できない組織なので、元々ネフロンが少ない猫は、腎臓疾患にもなりやすいと考えられています。
※ちなみに人間のネフロン量は約200万個です。

しかし、腎臓の密度とネフロンの数を人間、犬、猫で比較するとほぼ等しい比率になることが分かっているので、この説は賛否が分かれるところではあります。

猫の先祖と尿の特性

今私たちがペットとして飼育しているイエネコの祖先はリビアヤマネコ(アフリカヤマネコ)であると言われています。北アフリカや中近東等の砂漠地帯で生息していたリビアヤマネコは、水の少ない地域でも生活できるように体も順応していました。

そのため、尿の量は必要最低限に抑えられ、弱酸性の濃い尿が出ていました。しかし、そのバランスが一度崩れてしまうと、急性腎不全の原因にもなる腎臓結石が出来てしまう要因にもなります。

こういった先祖の特性を引き継いでいるために、イエネコも腎臓病になりやすいと言われていますが、現状これについても賛否が分かれるところとなっています。

意外と多い!猫の腎臓疾患の種類

腎臓疾患と一言で言っても、その種類は様々あります。併発する場合や、進行することによってさらなる腎臓病を招くこともあるため、疾患の内容を知ることはとても重要です。

腎結石

腎結石とは、腎臓と尿管をつないでいる腎盂(じんう)に、シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムといった物質が石のように固まってしまう病気です。

「純血種のほうが発症率が高い」「長毛種よりも短毛種のほうが発症率が高い」等のデータがあり、一部の腎結石には遺伝と関係があることも指摘されています。また、尿路感染症により尿がアルカリ性に傾いた場合にも、結石ができやすくなるとされています。

腎結石が小さい時は痛み等の症状がないのですが、結石が大きくなると急性腎不全等の重篤な症状となるため、軽視はできない病気です。

腎盂腎炎(じんうじんえん)

腎盂腎炎とは、尿路感染症をはじめとする細菌感染によって、腎盂にまで炎症が及ぶことによって腎臓全体が機能しなくなる状態になります。
腎盂腎炎には急性と慢性がありますが、後者の場合だと慢性腎不全へ移行することがあります。

腎盂腎炎になると、多飲多尿になったり、尿が濁って臭くなったり、発熱や食欲不振、腰のあたりを触ることを嫌がったり、軽く叩いても嫌がるような仕草を見せたりと、飼い主自身でも気づく症状がみられます。

糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)

糸球体腎炎とは、血液を正常に保つネフロンの一部である「糸球体」に炎症が起きる病気です。

この炎症は初期は自覚がないことがほとんどですが、尿検査をすると尿タンパクが多い傾向がみられます。症状が進行すると、毛艶が悪くなったり、大人しくなったり、食欲低下、脱水、嘔吐、下痢等の症状が見られるようになり、重篤になると慢性腎不全の症状が現れるようになります。

水腎症(すいじんしょう)

水腎症とは、何らかの原因によって、尿路や尿管等から尿の排出が困難となり、腎臓に尿が溜まって膨張する等の症状が現れる病気です。

腎臓はニつあるので一つが正常に機能してる場合は無自覚なことがあります。二つとも機能せず完全に詰まってしまった場合は、尿毒症や腎不全に移行してしまいます。

水腎症は日頃のスキンシップからでもその兆候を確認することができます、口臭にアンモニア臭が混じったり、お腹を触った時にしこりがあるように感じます。このしこりと感じるものが膨張した腎臓です。

腎アミロイドーシス

腎アミロイドーシスとは、アミロイドという繊維状のたんぱく質が腎臓に沈着することによって、腎機能を低下させてしまう病気です。アミロイドは腎臓だけでなく、心臓や肝臓、消化管や神経等、全身様々な場所に沈着する可能性があるので、機能障害に陥らせることがあります。

この原因は二つあるようで、一つは体内に慢性的な炎症がある場合、肝臓からアミロイドが過剰放出されてしまうこと、もう一つは遺伝と言われています。特に遺伝は、アビシニアンやシャム、ソマリ・オリエンタルショートヘア・ボンレックス等は遺伝によって腎アミロイドーシスを発症しやすいと言われています。

腎不全

腎不全には急性と慢性があり、どちらも腎臓の機能が失われていく病気ですが、急性の場合は機能低下症状が急速に進むので、進行を遅らせるための治療が必要になります。放置すると即生命の危機に直結します。

どちらにしても、腎臓は一度機能を停止してしまうと、回復の見込みがないので、早期発見がとても重要になります。

腎不全は猫の病気の中でも発症数が多いので、次の章でもう少し詳しく見てみましょう。

猫の死因、第2位は腎不全

猫の死因、第2位は腎不全となっており、高齢になればなるほどその確率は高くなる傾向にあります。なんと15歳前後の猫の約3匹に1匹が腎不全と(30%)という統計も出ており、同じ統計の8歳前後の猫の発症率(8%)と比べると、約22%も高いという結果になっているのです。

腎不全には急性と慢性があるので、それぞれの特徴についてご紹介します。

急性腎不全

腎臓自体に感染症や中毒等のダメージを受ける場合、心筋症や腎結石・下部尿路疾患等、他の部位の病気が引き金になっていることがあり、どちらも急速に腎臓機能が低下する症状がみられます。

女医慢性腎不全との決定的な違いは、早期発見をし適切な治療を行うことが出来れば、腎臓機能が失われる前に手を打つことが出来るので、回復する見込みがあるというところです。

症状として、尿の量が減ったり、排尿自体をしなくなるといわれていましたが、現在では逆に多飲多尿になることが分かっています。また、よだれが出たり、アンモニア臭を含んだ口臭がしたり。嘔吐等も見られるようになります。
これらのように、いつもと違う様子が見られた場合には注意しましょう。

治療方法は以下の通りとなります。

  • 輸血やホルモン剤の投与
  • 血液透析等を通し、脱水を予防しながら電解質のバランス改善
  • 血液のろ過
  • 尿の排泄を促す処置
  • タンパク質以外の腎臓に適した栄養補給

なお、急性腎不全を引き起こす原因となった他の病気があれば、その治療も並行して行うことで効果が高まります。

慢性腎不全

慢性腎不全と判断された猫は、すでに腎臓の50%以上が機能していない状態になっています。腎臓は一度機能を失うと回復する事はないので、慢性腎不全の場合は、今後いかに進行を遅らせていくかが治療の焦点となります。

健康な猫であっても、年齢と共に腎臓機能は低下していきます。高齢になればなるほど、慢性腎不全になる傾向が高いため、高齢猫の飼い主さんには特に注意が必要です。

症状としては、慢性腎不全となる前段階の慢性腎臓病等の初期段階では多飲多尿くらいしか変化が見られず、病気のサインを見逃しがちです。気づかない間に確実に腎臓機能が失われていくことから「サイレント・キラー/沈黙の暗殺者」とも言われています。
※慢性腎臓病=腎機能が低下している状態
※慢性腎不全=腎機能が失われた状態

慢性腎不全の治療で効果的なのは、食事療法です。慢性腎不全のステージ2(腎機能33~25%)・ステージ3(腎機能25~10%)の猫に適切な療法食を与えた場合、なんと余命が2倍以上になるというデータもあります。

これは、一生涯治療食のみを与え続けることで効果を発揮するため、おやつなどを与えないといった注意点はあります。そのため、食いつきの変化等によって治療食のメーカー等を変えたい場合は必ず獣医師への相談が必要となります。

食事療法だけで治療を進めることもありますが、多くの場合は腎臓に直接作用して進行を遅らせる効果のある薬や腎臓を保護する薬や血中リン濃度を調整する薬、低カリウムの場合には点滴や脱水を防ぐための輸血等を並行に実施しながらの治療となります。

おわりに

猫の腎臓病が多いのはなぜなのか、様々な説がありますが、近年血液中にある「AIM」と呼ばれるたんぱく質が腎機能低下時でも働かないことが原因であると明らかになりました。

原因は分かったものの、一度失った腎機能は、現代医学では回復することが不可能であることは共通認識となっています。

予防のためには、猫の食事内容や量、飲み水の量、健康を維持するための運動、ストレスを与えない生活環境等、普段からの生活習慣が重要になります。また、早期発見のためにも、常日頃から体重や飲食量、口臭、毛艶、行動等を把握し、スキンシップを計りながら日々の変化をみることも大切になります。

愛猫のためにも、日頃から小さな変化を見過すことがないよう、観察していきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加