コラム

猫の怪我の原因と予防対策

この記事は2016年6月29日の記事を再編集しました。

猫を飼っている家庭によっては、外と家の中を行き来できるようにしていることもあると思います。しかし、外から戻ってきた猫が少し出血していたり、足を痛そうに引きずっていた、なんてことはありませんか?

きちんとしている環境下で室内飼育をしていれば怪我は回避することができます。しかし、猫を外出させてしまうと、怪我をして帰ってくることがあります。

動物の健康についてあまり知識がないと、多少の怪我や出血であれば人間同様に自然治癒をするだろうと考えることがあるかもしれません。ですが、見ても分かる通り猫は小さな動物です。そもそもの血液量が人間と比べてとても少ないので、少量の出血であっても猫の体調や健康へ大きな影響を与えてしまうことを認識しておく必要があります。

猫の怪我の原因と予防対策

猫の怪我の原因で一番多いのは猫同士の喧嘩

怒った猫猫が怪我する原因で一番多くみられるのが、猫同士の喧嘩です。特にオス猫は要注意です。

オス猫は発情期になると気分が高揚し、お互いが威嚇し合うことがあります。この時、声で威嚇するだけではなく、噛みついたり、爪で引っ掻いたりし、切り傷ができて出血をします。また、打撲等の怪我をする可能性もあります。

春先に猫同士が普段とは違う鳴き声を掛け合っているのを聞いたことはありませんか?
これは猫が発情期を迎え、オス同士やオス猫とメス猫がお互いの存在を強くアピールしている行動です。オス同士で鳴き声を掛け合っている場合、メス猫を取り合っていることが多く、オス猫とメス猫で鳴き声を掛け合っているときは、オス猫がメス猫へアプローチしていると考えられます。

しかし、これがうまくいかない場合、相手を攻撃して諦めさせようとします。猫は元々肉食獣としての本能が強く備わっているので、暴力で相手を排除するという行為は頻繁に起こるのです。

発情期の季節は、猫が外出から戻ってきたときに怪我をしていないか特にチェックするようにしましょう。

怪我の症状としぐさを見逃さないようにしよう

毎日猫の様子を観察していても、猫の怪我を人間がすぐに判断できるとは限りません。
では、ペットの変化に飼い主がいち早く気づくためにはどういったポイントに注意したら良いのでしょうか。猫の健康を守るためにも見逃さないように注意しましょう。

目で見て一番わかりやすいのは「出血」です。出血していれば怪我をしているのがすぐに分かりますし、切り傷であれば見ればすぐに分かります。被毛に血液が付着していることもありますし、猫自身が傷を舐めていることもあります

猫の被毛が抜けてしまい、皮がめくれている場合、大きな傷ができています。喧嘩によってひどい外傷を負わされたことが考えられますが、他の要因で大きな傷ができていることも考えられます。

うずくまる猫出血している場合は傷を見つけやすいですが、出血がなく目立った傷もないけれど足を引きずっている様子が見られたり、ご飯を食べなかったり元気なくうずくまっている場合は、見えないところに怪我があるかもしれないので注意深く見てみましょう。

また、怪我をすると体温調節がうまくできなくなり、熱を出してしまうこともあります。傷に触れてしまわないように、やさしく触れるようにしながら状態を確認しましょう。

猫の怪我の予防対策

猫がひどい怪我をしてしまわないようにできる予防対策を紹介します。

室内飼育をする

すぐにできる対策は、猫を外出させないことです。
近年、猫の完全室内飼育が訴えられていますが、猫によっては外出できないことが運動不足やストレスになってしまうこともあります。

室内飼育を徹底するためには、子猫の頃から外出をさせないようにする必要があります。室内飼育をすると運動不足になってしまう心配があるかもしれませんが、キャットタワーやおもちゃを用意してあげれば運動することができるので、ストレスを溜めないようにすることができます。

完全室内飼育は、外で事故に遭う可能性もありませんので、猫にとっても安全です。

去勢手術をする

猫は発情期を迎えることで感情が非常に高ぶり、それが喧嘩の大きな原因でもあります。これを避けるためには、去勢手術をすることがおすすめです。

去勢をするとホルモンの影響が薄まり、喧嘩をすることがかなり減るので怪我の要因を減らすことができます。また、不慮の妊娠や出産も起こらなくなるのでできる限り去勢手術をすることが好ましいです。

■関連記事
犬・猫の去勢手術
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加