コラム

夏は猫も注意!熱中症の危険性

日本では、完全室内飼いが推奨されている猫ですが、これは、猫が近隣に迷惑をかけることを防止するだけでなく、事故や野良猫との喧嘩等によるケガ・病気などを予防する意味でも大切なことです。

けれど、暑さや寒さの体温調節が苦手な猫にとっては、室内という密室空間が、致命傷になることがあります。
その一つが熱中症の危険性です。猫は暑くなると、涼しいところを探すのですが、室内の場合、どこも室温が高く逃げ場の無いこともあるからです。

今回は、こうした熱中症の原因や症状、それを防ぐための対策、応急処置の仕方などについて、お話ししたいと思います。

夏は猫も注意!熱中症の危険性

熱中症とはどのような病気?

熱中症とは、暑さに体がついていけないことから起こる、様々な症状の総称として使われている言葉です。種類には以下のようなものがあります。

熱中症の種類

  • 熱失神…血液中の酸素が足りなくなり(酸欠)、めまいや意識を失う
  • 熱疲労…脱水症状が出て、ぐったりしたり嘔吐したりする
  • 熱痙攣(ねつけいれん)…血液中の電解質(塩分)が足りなくなり、痙攣等が見られる
  • 熱射病…体温の上昇を調節出来なくなり、脳に影響が出て意識障害や死亡に繋がる

上記の症状が順を追って、もしくはいずれかの症状が現れます。

人間の場合、体中にある汗腺という汗の出る器官から汗を出すことで、体の熱を逃がして体温調節をしますが、猫は汗腺が少ないため、このような体温調節ができません。そのため、室温が上がりやすい部屋で飼う場合には注意が必要なのです。

熱中症になる原因とは?

室内環境

      ・室内温度が30度以上
      ・室温は30度未満でも、湿度が60%を超えた状態が続いている
      ・風通しが悪く、換気も不十分
      ・涼める場所がない
      ・新鮮で十分な量の水が確保されていない
      ・涼しい所に移動出来る環境にない

猫自体の状態

・幼猫もしくは老猫のため、体温調節が難しい
・病気やケガで体調が万全でない
・病気やケガで移動することが出来ない
・普段からあまり水を飲まない

家の中では、上記のような場合に熱中症にかかりやすくなります。また、移動中の車内等でも同じことが起こり得ます。自動車などの車内は夏場、エアコンを切ると直ぐに高温になりますので、“数分だから…”と車内に残して行くことのないようにしましょう。

熱中症の症状とは?

猫が熱中症になると、以下の症状のいずれか、もしくは複数の症状が現れます。

見た目や触ると分かる症状

・体温が高くなっている
・ぐったりしていて動かない、もしくはふらつく
・喘ぐような呼吸になっている(パンティング)
・心臓の動き(心拍数)が早くなっている
・目が充血し、口の中が真っ赤になっている
・たくさんのヨダレが出る
病気猫・痙攣する
・吐く
・下痢や血便が出る
・尿が黒っぽくなる(ミオグロビン尿)
・意識がない(意識混濁や昏睡)

併発する見た目では分かりにくい病気

・脳症
・腎不全
・肝不全
・心筋症
・播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群(DIC)

重い熱中症になると、脳機能や臓器などにも障害が現れます。これらは、見た目の熱中症の症状が収まった後から現れることもあるので遅延性症状と呼ばれることもあります。

熱中症の症状見られた場合、応急処置をして持ち直したとしても、こうした遅延性症状の出る場合がありますので、動物病院での診断や検査を受けておくことをおすすめします。

また、熱中症では1~2日間の予後観察も必要になることがあります。動物病院で入院を勧められたら、見た目は大丈夫だからと連れ帰るのではなく、入院して経過観察をしてもらうほうが安心です。

熱中症での応急処置とは?

熱中症になった場合、そのままの状態で何のケアもせずに動物病院に連れて行くことは危険です。到着するまでにさらに状態が悪くなり、生死にも関わります。

熱中症だと分かったら、早急な応急処置をすることが猫ちゃんの命とその後の病気を防ぐためにも重要なのです。

※受診の際には、安静を保った状態で連れて行くようにします。歩かせるなど体を動かすことで、症状がぶり返すことがあります。

応急処置の目的

熱中症での応急処置の目的は、体温を平熱に近い状態に下げることです。これで治ったように見えることもありますが、万が一の場合(遅延性症状等)も考えて、動物病院へ受診するようにしましょう。

3つセットの応急処置

応急処置では、主に下記の3つの方法をセットで行います。

1:涼しい場所に移動する

「涼しい部屋に移動」「エアコンを付ける」「直射日光のあたる場所から日陰への移動」など、直ぐに出来る暑さ対策をします。

2:体を冷やす

「濡れタオルで拭く」「水風呂に入れて体を濡らす」「霧吹きなどで体に水をスプレーする」などの方法で、体を濡らして体温を下げます。この時肝心なのは、被毛だけを濡らすのではなく、“地肌を濡らす”ことです。

水風呂に入れる方法では、必ず飼い主さんが介助しながら入れてください。普段は水に抵抗のない子や浅い水深でも、熱中症の場合には平衡感覚を失って溺れる場合があります。

なお、いずれの場合も体に水分をつけた後、扇風機やうちわなどからの風を送ることが体温を下げるには効果的です。

また、「氷を体に当てる」という方法もあります。この場合、氷と水をビニール袋等に入れて“氷のう”を作り「頭の上」「顎側の首もと」「脇の下」「お腹」「内もも」などに当たるようにします(全てに当てる必要はありません)。長毛種の場合は直接当てても問題ありませんが、短毛種の場合には、タオルなどで包んでから当てるようにします。

ただし、この方法で過度に冷やすと、血管を収縮させてしまい逆に体温を上げる要因になってしまうこともあります。体温を常にチェックしながら様子を見るようにしましょう。

※体の冷やし過ぎも良くありません。ペット用の体温計などがあれば計り、平熱より下がることのないように管理します。また、体が小刻みに震えるようなら冷やし過ぎですので、注意しましょう。

3:水分の補給

水を飲ませます。自力で飲めない場合は、シリンジ(注射器の筒部分)やスポイト等で水を口に含ませます。※この時、一度に多く入れたり仰向けで飲ませたりすると、気管に入ることもありますので、注意が必要です。

熱中症の予防策

熱中症を予防するには、「室温・湿度の管理」と「水分補給」をするだけで殆どをカバー出来ます。具体的にはどうすれば良いのかをお話しします。

室温・湿度の管理

エアコン通常、室温26度~30度未満、湿度50~60%であれば問題はありませんが、これ以上になる場合には、エアコンなどの管理が必要になります。

エアコンを設定する場合には、28度を目安にすると良いでしょう。
なお、冷気は上から下に流れますので、エアコンからの風が猫に直接当たってしまうようでしたら、上向きに設定しておくと安心です。

飲み水の確保

脱水しないように、新鮮な飲み水がいつでも飲めるようにしておきましょう。水飲み場は、直射日光の当たる場所を避け、数箇所に分けて設置するとより安心です。

その他の対策

・直射日光が当たらないようにする(遮光カーテンなどの活用)
・冷却マットなど、ヒンヤリするグッズの設置
・エアコンなどが寒い時対策に、毛布などを置いておく
・風通しを良くする
・温度差のある環境に移動出来るようにしておく

おわりに

日中、家を留守にする場合には、現在の気温だけでなく、日中どの程度気温が上がるのか確認をして、上がるようならエアコンで対策することが大切です。

また、幼猫や老猫、病気の猫などで自ら動くことが難しい猫の場合、室温管理だけでなく、直射日光が当たらないようにすることも大切です。時間や季節によって日の入り方は異なりますので、お休みの日等に、時間帯によりどの程度まで日が入ってくるのか等を確認しておくと良いでしょう。

熱中症は、飼い主さんのほんの少しの気配りで回避することが可能です。愛猫に苦しい思いをさせないためにも、熱中症対策を出来ることから始めましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加