コラム

猫の抜け毛はこれで解決!猫もよろこぶグッズ&掃除の方法

「最近、猫の抜け毛が多くて…。病気かしら?」と不安になるくらい抜け毛がありませんか?実は、春と秋は猫の毛が生え変わる「換毛期」と呼ばれる季節。この時期に、被毛がたくさん抜けても、皮膚が炎症を起こしていたり、脱毛してしまったりといった症状が出ていなければ、通常は心配いりません。

でも、正直、家の中が猫の毛だらけになって困りますよね。そこで、今回は、抜け毛に効果的なお掃除方法やグッズの紹介、また、猫に与える影響、そして病気だとしたらどんな病気があるのか等についてお話したいと思います。

猫の抜け毛はこれで解決!猫もよろこぶグッズ&掃除の方法

猫の「換毛期」はなぜあるの?ない猫もいるの?

猫の被毛をかき分けてみると、奥の方に柔らかな毛が密集しているように見えませんか?

実は、多くの猫は、被毛が「オーバーコート」と「アンダーコート」というダブルコート(二重被毛)構造になっています。

被毛の奥の方に密集しているのが「アンダーコート」で、この部分に空気の層を作ることで、防寒着の役目をしているのです。けれど、夏に向かうにつれ、それは逆に邪魔になりますよね?

そこで、春の「換毛期」には、夏に向け「アンダーコート」を中心に抜け毛が多くなって「オーバーコート」中心の被毛になり、逆に秋には「アンダーコート」中心の被毛になるために生え変わっているという訳なのです。

「換毛期」のない猫もいる?

実は、猫の中には、「シングルコート」といって、「オーバーコート」のみ(シャム、バーミーズ、シンガプーラ等)、もしくは「アンダーコート」のみ(コーニッシュレックス、デボンレックス等)といった猫もいます。

ダブルコートの猫に比べて被毛の量が少なく、寒さに弱い傾向がある位ですので、抜け毛の心配もあまりないと思われがちです。実際に、「シングルコート」の猫は「換毛期」がないと言われています。

けれど「シングルコート」の猫も、「換毛期」の時期には普段よりも毛の抜けることが多くなります。「ダブルコート」の猫に比べると少ないかもしれませんが、やはり抜け毛対策は必要なのです。

環境次第で「換毛期」がないこともある

毛づくろいする猫終生室内飼いが推奨されている日本では、「ダブルコート」であっても「換毛期」のないことがあります。それは、冷暖房完備の部屋で終日を過ごしていて、寒暖の差を感じない猫です。

けれど、お手入れが楽という訳ではなく、“一年中抜け毛が平均的に続いてしまう”ことを意味しますので、それはそれで大変です。

抜け毛になる前の“お手入れ”が効果的

猫がばら撒いた抜け毛を、お掃除するのは大変ですよね。そこで、少しでも抜け毛を防ぐために出来るのは、“お手入れ”です。

ブラッシング

普段から、ブラッシングをしている方も多いと思いますが、「換毛期」には普段よりも少しブラッシングの回数を増やすと良いでしょう。

その時の注意点としては、力任せにブラッシングしないことです。猫の皮膚は、人間の皮膚の1/3の厚みしかありません。力を入れてのブラッシングは、皮膚を傷つけてしまうことはもちろん、まだ抜ける時期でない被毛までも抜いてしまうことになるからです。

やさしくブラッシングすることは、抜け毛の飛散を防ぐだけでなく、猫にとっても心地よく、マッサージ同様の効果をもたらしてくれます。ブラッシング嫌いにさせないためにも、ブラッシング時の強弱基準は、“猫が気持ち良さそうにしているか”で決めると良いでしょう。

おすすめグッズ

  • ラバーブラシ
  • ブラシ部分がラバーで出来ているブラシです。主に短毛種に向いているブラシで、やさしく撫でるようにブラッシングするだけで、面白いように毛が抜けてくれます。手袋タイプのものもありますので、撫でられるのが好きな猫ならそれもおすすめです。

  • ピンブラシ
  • 長毛種の猫におすすめのブラシです。皮膚が傷つかないように先が丸くなっているものがおすすめです。絡まりやすい長毛を解きほぐしながら余分な毛を取ることが出来ます。短毛種にも使えますが、ブラッシングについ力が入ってしまう方には向きません。

  • プロ用ステンレスコーム
  • 「ファーミネーター」や「フーリー」といった名前で出ているコームです。驚くほどに毛が取れ、お手入れの時間短縮になります。使用出来るのは「ダブルコート」の猫のみになります。また、やりすぎると毛が薄くなってしまいますので注意が必要です。

シャンプー

ジャンプーは、抜け毛のお手入れに最適です。一度にたくさんの抜け毛が処理出来ます。けれど、猫にとってはストレスの元。「換毛期」だからと何度もシャンプーすることはおすすめ出来ません。するなら期間中に“一度だけ”がおすすめです。

また、使用するシャンプーにも配慮が必要です。人用のシャンプーや犬専用のシャンプーは、PH(水溶液の性質のこと)が違うために皮膚を刺激してしまったり、匂いに敏感な猫を刺激する香料が入っていたりするので、使用は避けましょう。

おすすめグッズ

  • 猫用で獣医師がすすめるシャンプー
  • 細菌や真菌、ウイルス等にも幅広く抗菌作用を発揮してくれる、「酢酸クロルヘキシジン」の入ったシャンプーが人気です。「フジタ製薬」から、犬猫用が医薬部外品として出ています。被毛に艶がなかったり、フケ状のものが出たりする猫にもおすすめです。

  • プロのトリマー御用達のシャンプー
  • トリマーさんの元には、色々な猫ちゃんが来ますので、皮膚が敏感な猫にも使えるシャンプーが用意されています。皮膚にやさしくノンシリコンの「ミラクル キャットシャンプー」や、低刺激で必要な油分は残し皮膚の健康を守り速乾性もある「ゾイック キャッツシャンプー」等がトリマーさんに人気です。

  • プッシュすると泡になるシャンプー
  • 一人でシャンプーをするときに、シャンプーを泡立てるのも大変な作業になってしまうことがあります。プッシュするだけで泡になって出てくるシャンプーは、時短にも繋がりますので、猫の負担を減らすことにもなります。「ライオン」から、「顔まわりも洗える泡リンスインシャンプー犬猫用」が出ていて、低刺激なこともあり人気があります。

抜け毛のお掃除にはこれ!

お手入れをしていても、抜け毛は出てきてしまいます。その時のお掃除に役立つグッズなどはあるのでしょうか?すでに実践されている方も、おさらいしてみましょう。

粘着テープ

souji_korokoro小さい範囲なら、ガムテープなどの粘着テープを切って端と端を付け輪にして使う、カーペット等の広範囲なら通称コロコロと呼ばれる、筒状に幅広の粘着テープが付いていて、転がしてゴミを取るタイプを使うと良いでしょう。

掃除機をかけた後に、残った被毛に対して使うのがおすすめです。

空気清浄機

空気清浄機を使うことで、細かくフワフワと空中に舞う被毛を回収することが出来ます。

掃除機

やはり1番は、掃除機をかけるのがおすすめです。空気清浄機は、飛散している被毛には効果がありますが、床に落ちた被毛は回収出来ません。掃除機とのダブル使用で被毛を回収しましょう。

また、被毛が舞っていて掃除しにくい時には、空間に霧吹きをしてから掃除機をかける、排気口から空気が出るタイプの掃除機なら、床から持ち上げて被毛を飛散させないようにしながら掃除機をかけると良いでしょう。

なお、掃除機は、どうしても被毛が舞いますので、マスク等をしてから取り掛かることをおすすめします。

おすすめグッズ

掃除機の先につけるアダプター(ノズル)で、ウレタンゴムのブラシが付いています。これが絨毯などに絡んだ被毛も絡め取ってくれるのです。「掃除機ノズル スリッカーブラシ」等で検索出来ます。

抜け毛で心配な病気とは

抜け毛は、生え変わりの他にも、「ストレス」や「アレルギー」、「皮膚病」、「ホルモン異常」、「寄生虫や真菌等に感染」など、様々な要因で起こる可能性があります。

その多くは、脱毛して“おかしい”と気付くことが多いのですが、脱毛までとはいかなくでも、猫が一定部位を痒がっているようでしたら、「アレルギー」もしくは、「ノミ」や「ダニ」、「疥癬(かいせん)」に感染している可能性があります。

また、グルーミングにより体内に被毛が入った場合、通常ならば排泄するか、毛玉を吐くことで事なきを得るのですが、消化器官に蓄積されてしまうことがあります。そのままにしておくと、重篤な症状や手術が必要になることもあります。

おわりに

猫は、「換毛期」はもちろんですが、被毛のない「スフィンクス」や「ドンスコイ」などの無毛種以外、通年を通して抜け毛があります。

厄介に感じてしまう被毛ですが、「癒しをくれる猫ちゃんのお世話の一環と思えば、お手入れやお掃除も頑張れる…。けれど、出来れば楽に処理したい」と思うのが普通ですよね。

今回のコラムが少しでもお役に立ってくれたら嬉しいです。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加