コラム

猫にりんごを食べさせても大丈夫?正しいりんごの与え方

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

ここ数年でペットの食事事情は変化し、無添加食品や手作りを愛猫に与えることも増えてきています。中でも、安心できる食材として果物を与えることがあります。

果物の中でも、飼い主と一緒に食べることが出来る「りんご」は注目されていますが、糖分や農薬の影響、部位等気になっている方もいることでしょう。

今回はりんごについて、皆さんの疑問にお答えしたいと思います。

猫にりんごを食べさせても大丈夫?正しいりんごの与え方

猫はりんごを食べても大丈夫

食べる猫りんごの成分にはポリフェノールやペクチン、食物繊維が豊富に含まれています。しかも、年間を通して購入できますし、旬の季節になれば安く購入する事もできます。

りんごを食べても猫は大丈夫と言われていることから、愛猫にりんごを与えようと考える飼い主も増えてきています。猫の鼻先にりんごを差し出し、興味を示して食べそうな素振りをした場合、与えても問題ありません。しかし、与える際には工夫が必要で、少々手間がかかってしまいますが、次にその方法をご紹介いたします。美味しいりんごを飼い主と共に愛猫で共有してくださいね。

りんごの与え方

なぜ、猫にりんごを与える際工夫が必要なのか。それは猫が肉食動物であることが挙げられます。消化器で分泌される消化酵素が肉に反応するため、りんごを消化しにくく胃などに負担がかかります。
また、りんごは糖分が多いので、食べ過ぎには注意が必要となり、1日の目安として最大量で大さじ1杯程度となります。

りんごは塊のまま与えてしまうと、噛み砕けない可能性があるので、与える場合は、すりおろしてペースト状にしたものをキャットフードにトッピングする形で与えてあげると良いでしょう。

初めてりんごを与える時には、小さじ一杯程度にしましょう。食べた後、下痢や嘔吐をしていなかしばらくの間注意深く見守り、問題がなければ与える量を増やしていきましょう。
もし、下痢や嘔吐等、体調不良になった時は、速やかに動物病院を受診しましょう。

りんごの皮にはポリフェノールがたっぷり含まれています。人間にとって健康に良いとされていますが、猫にはりんごを消化するための酵素がないため、皮は避けて実の部分をあたえるようにしましょう。

食べさせてはいけない部位

皮だけでなく、猫にはたべさせてはいけないりんごの部位があります。皮には消化面だけではなく、残存農薬の心配も上げられます。
万一農薬は使用されたりんごであっても、人体に影響がない程度でしょう。しかし、体の小さい猫にとってはどのような影響が出るかは未知数です。
りんごちゃん
その他、芯の固い部分や種、葉は絶対に食べさせないようにしましょう。芯の部分は繊維質が集中しており、猫の体内では消化することは出来ませんし、堅いので咀嚼することも難しいです。

そして、特に注意したいのが「種と葉」です。一般的に葉付きのりんごは売られていませんが、産地等で販売されているものには枝葉が付いた状態のまま販売されているところもあります。

「猫は草を食べることもあるから、りんごの葉も大丈夫」と考えてしまうかもしれませんが、葉や種には有毒物質であるシアンが含まれています。
人間には健康上の影響はありませんが、猫は体も小さいので中毒症状を引き起こすことが予想されます。葉の欠片や種一粒であっても口に入れることがないよう、十分に注意しましょう。

また、りんごを切る時に種を割ってしまうと、りんごの実に有害物質が付着する可能性も否定できません。皮を剥いたら猫が食べる部分を先にそぎ切り、芯や種が触れない部分のみを食べさせてあげるようにしましょう。

まとめ

飼い主にとって愛猫と食べ物を共有出来ることは幸せを感じる時間の一つでしょう。しかし、肉食動物の猫にとってはりんごを食べることが出来たとしてもたくさんの量を食べることは出来ません。

ペースト状にしてあげると食べやすく、おねだりされるかもしれませんが、健康管理のことも考えて実の可食部分で適量を守って与えるようにしましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加