コラム

猫のノミとダニはこれで安心!しっかり対策!

この記事は2016年6月22日の記事を再編集しました。

猫に寄ってくるノミやダニは、外へ出て歩く猫はもちろん、完全室内飼いであっても安心することはできません。
今回はノミやダニの特徴を知り、猫が快適に過ごせるように正しい対策をしていきましょう。

猫のノミとダニはこれで安心!しっかり対策!

ノミ・ダニは人間にも影響がある?

ノミ猫を飼っていると心配になるのがノミやダニの問題だと思います。ノミやダニは、思わぬ病気を運んでくることがあるため、嫌われている存在です。
不衛生で、人間が被害にあうことがあります。しつこい痒みに苦しんだ経験がある人は、あの痒みを二度と味わいたくないと思うはずです。

ノミやダニはとても小さく、人間の目ではなかなか姿を捉えることができず、駆除をするにも頭を痛めます。そういったこともあり「我が家の猫は大丈夫」と考えることはとても危険です。

ノミ・ダニの発生する原因

ノミやダニが発生する原因は、多くの場合、猫のライフスタイルが関係しています。

ノミやダニといった虫は、屋外の草が茂っている空き地のような、猫が好む場所に存在している為、外へ出て歩く猫は圧倒的にノミやダニに寄生される確率が上がります。

しかし、完全室内飼育だからといって、安心することはできません。

例えば、猫をどこかへ預ける場合は、他の動物たちと至近距離で一定の時間を過ごすことになります。その為、同席した他のペットが既にノミやダニに寄生されていると、そのノミやダニが自身の猫に飛び移ってくることが考えられるのです。
また、人の体に付着して持ち込まれることもあります。

自然に囲まれた環境に家が建っていなくても、玄関先やベランダの鉢植えなどからノミやダニが増えることもあります。

注意が必要なノミやダニの特徴と症状

もしノミやダニに刺されたり、噛まれたりした場合、それがノミのものれあるか、ダニによるものであるかの判断はつきますでしょうか?

ノミやダニにはそれぞれ特徴があります。特徴を把握することで、愛猫に万が一ノミやダニを疑うような症状がみられた時にも、慌てずに対応する事ができるようになるでしょう。

以下、猫に寄生する可能性の高い「ネコノミ」と、危険性が高い「マダニ」の特徴と症状について紹介します。

◇ネコノミ
猫にノミが付いている場合、そのほとんどがネコノミといえるでしょう。体長2~3㎜ほどの大きさで、ピョンピョン跳ねるように移動します。注意してみれば、肉眼でも動いている姿を確認することができます。

日本全国に分布しており、成虫になってからの寿命は2~4ヵ月ほどです。その間に約400~1000個もの卵を産むと言われています。

Q:寄生されているかはどのようにチェックすれば良い?

ネコノミを確認する方法は簡単です。猫をブラッシングした際に、黒いフケのような細かな黒い粉のようなものが見られた場合、ノミが寄生していると言えます。

この黒い粉のようなものの正体は、ネコノミの糞です。本当にネコノミの糞かどうかを確かめる場合には、その黒い粉を湿らせたティッシュペーパーなどの上に置いてしばらく置いておくと、赤っぽい色がにじみ出てきます。
これはノミの糞の成分のほとんどが吸血した際の血であることを利用した判別方法です。

Q:ネコノミに寄生されるとどのような症状が出る?

成虫となったネコノミは吸血します。吸血されると、ネコノミの唾液に含まれている成分によって強い痒みが生じます。痒みの程度は猫によって様々ですが、過剰なグルーミングによって脱毛したり、掻きむしってしまい傷を負ってしまうこともあります。

また、この唾液に含まれる成分が原因でアレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。

ネコノミが瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)に寄生されていた場合だと、グルーミング等によって猫の口内に入り、体に寄生してしまうことがあります。寄生された猫は下痢や嘔吐の症状が見られる場合があります。

マダニ

マダニは家の中で発見されることが多い、ヒョウダニ(チリダニ)やイエダニと異なり、とても厄介な存在です。
体長は2~3㎜程で、肉眼で簡単に確認することができます。しかし、この大きさは吸血前の状態で、吸血をすると血液を体内に溜め込み1㎝以上の大きさになります。

マダニの吸血方法は他の虫のように、刺して吸血する方法とは異なり、皮膚を噛み切って吸血します。そのため、痛みが伴います。
皮膚を噛み切った後、吸血するためにノコギリ状の器官を体内に差し込み、セメント上の唾液を出して簡単に離れないように固定します。そして一週間以上をかけて吸血し続けるのです。

マダニは吸血を終えると、一度体から離れ休眠期に入り、また吸血するという行為を3度繰り返します。体から離れたと言ってもあまり移動しないため、ほとんどの場合、まだ同じ宿主に寄生することになります。
メスは3度目の吸血を終えると、数百~数千個の卵を一度に産み、産卵を終えると息絶えます。

Q:マダニはいつ頃活動が活発になる?

マダニは初夏から秋にかけて活動が活発になります。冬に入るとほとんどが活動を控えますが、中には年間を通して活動し続ける種もあるので油断はできません。

Q:寄生されているかはどのようにチェックすれば良い?

マダニは寄生すると皮膚に張り付くように固定されているので、被毛をかき分けると簡単に発見することができます。

Q:マダニに寄生されるとどのような症状が出る?

マダニは一度の吸血で1ml~5ml程の血を吸います。そのため、複数のマダニに寄生されると貧血を起こす場合もあります。また、マダニの唾液には周囲の細胞を溶かしたり、壊死させる作用があるので、皮膚炎を起こす確率も高くなります。

マダニが怖いと言われる要因は、様々な感染症を引き起こす病原体を持っている可能性が高いことです。発熱、嘔吐、黄疸、体重減少、食欲不振、歩行異常、全身の発疹等の様々な症状が出て、重篤な場合には命を落とすこともあります。

ノミやダニによる人間への被害、症状と対処方法

ノミとり首輪をつけた猫猫がノミやダニに感染することで、一緒に生活する人間にも被害が及びます。人間の被害はどのような症状が見られるのか、そしてその対処方法をまとめてみました。

ノミの場合

ノミに刺されるとその部分が赤く腫れ、水膨れができることがあります。ノミは1匹が複数個所を刺すことが多く、痒みが強い状態が一週間以上続きます。個人差はありますが、人によっては1ヵ月以上痒みが残ってしまうこともあります。

ノミの痒みは、刺されてから数時間経過したころから気づき始めます。痒みを感じた時点で、患部のあたりを探しても、ノミは既に離れた後であることが多いことも特徴的です。

ノミに刺された場合は、そのままにせず病院(皮膚科)を受診することをおすすめします。程度によりますが、塗薬、貼り薬、痒み止めの内服薬等を処方してもらうこととなるでしょう。

マダニの場合

マダニに噛まれるとその場でチクッとした痛みがあります。そしてその後痒みが出てきます。吸血中は皮膚に食い込むような形で固定されているため、無理に引っ張ろうとすることは厳禁です。

マダニに噛まれた際は、感染症の危険性もあるので、病院にて除去してもらうのが一番良いです。

マダニで恐ろしいのは皮膚炎等の症状が悪化すること以上に、感染症にかかる危険があるということです。
紅斑や悪寒、筋肉痛、関節痛のような症状が出ている場合は、ライム病の可能性があります。また、2週間程の潜伏期間を経て39℃以上の高熱やリンパ節の腫れ、全身に倦怠感が表れた場合はツツガムシ病の可能性があります。

また、2013年より各地で死亡報告が相次いでいる、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)になる可能性があります。噛まれてから1~2週間程度潜伏期間を経て発症し、症状として38℃以上の高熱や嘔吐・下痢等が出た場合は注意が必要です。マダニに噛まれた後に症状が出た場合は、早急に病院を受診するようにしましょう。

駆除と予防方法

ノミの場合

駆除方法

ノミ取りブラシノミの場合、ノミ取り専用クシを使い、丁寧に取っていくことが一番確実な駆除方法です。ノミ取りシャンプー等もありますが、すべてを死滅させることが困難なので、シャンプーをした場合にも必ず専用クシで確認をすることが望ましいです。

ノミを取った場合、潰すことは厳禁です。ノミが体内に卵を抱えていた場合、潰すことによってそれが飛散してしまいます。正しい処理の方法としては、水につけることです。
また、クシで取り除いたノミを一旦ガムテープなどに付着させ、まとめて水に浸けるといった方法もおすすめです。

ノミの駆除を行う場合には、同時に室内清掃を行うことも重要です。せっかくノミ駆除をしても、室内にノミがいる場合には、またすぐに寄生されてしまいます。

室内のノミ駆除方法は、まず掃除機等で室内のゴミやチリを徹底的に取り除くことが大切です。その後、ノミ取り機器(ノミが好きな発光で機器内へ誘い込み、粘着シートに付着させるもの)の使用も効果的です。

室内からノミが完全に駆除できるまでには、およそ1ヵ月ほど必要です。今季強く、徹底的な清掃を心がけましょう。

予防方法

ノミの予防として駆除剤を使用する方法があります。猫がグルーミングできない首の後ろ側に滴下剤と付ける方法で、一度付けると1ヵ月ほど効果が継続するものを動物病院にて処方してもらうことができます。

しかし、これはあくまでも成虫に対してのみ効果を発揮するものなので、完全な予防方法としては室内を清潔に保つことが何より大切になってきます。

防ダニスプレーはダニ用ですが、ノミにも効果があるので、布団や枕元、カーペットのようなノミが潜みそうなところに塗布しておくと予防にもなります。

マダニの場合

駆除方法

体にマダニが付着していることを確認した場合は、必ず動物病院で除去してもらうようにしましょう。先にも記述した通り、ピンセットなどでつまんで引っこ抜こうとしたりする行為はとても危険です。無理にマダニを引っこ抜こうとすると、マダニの器官が一部体内に残ってしまうことが多く、マダニの体液が猫の体内に逆流し、感染症等にかかるリスクが高まります。

また、吸血後に体から一旦離れた休眠期のマダニが室内に潜んでいる可能性もあります。先にも述べた通り、マダニの駆除には、室内をこまめに掃除して清潔な状態を保つことが大切です。マダニが潜む可能性がある場所、猫のお気に入りとしている場所、行動範囲内を念入りに掃除しましょう。

予防方法

マダニの感染源のほとんどはアウトドアでの草むらです。そのため駆除剤が予防に友好的です。ノミの駆除剤と兼用となっていることが多く、同様の効果を得られることができます。

猫は完全室内飼育にすることで、草が生い茂るような場所とは無縁になります。また、マダニは目視できる大きなさなので、飼い主がアウトドアから帰った際には、服に付着していないかチェックを行い、自宅へ連れ込まないようにすることが重要です。

おわりに

ノミもマダニも、吸血されることで様々な問題が引き起こることが分かりました。万一寄生されてしまった場合には、まずは動物病院を受診することが一番安心できる方法である事に間違いはありません。

愛猫のためにも駆除方法や予防方法を知り、慌てず正しい処置ができるように心得ておきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加