コラム

猫にみられる眼の病気とその治療方法

野良猫を見ていると、眼に異常がある子を容易に発見することができます。それだけ、猫にとって「眼」は弱い部分であり、病気になりやすい部分でもあると言えるのです。
幸い、飼い猫の場合は飼い主さんの日頃のチェックにより、重症化することを防ぐこともできます。

今回は、猫に多い眼の病気の症状、原因等から注意したい点と治療方法についてお話します。

猫にみられる眼の病気とその治療方法

結膜炎

症状

結膜炎は、人間で言えば白目の部分を覆っている結膜が、炎症で赤くなったり腫れたりする病気です。猫は白目の部分が見えにくいため、初期の段階ではまぶたを押し下げて、確認するしかありません。

炎症部分にはかゆみや痛みも伴いますので、前足で眼の部分を擦ってしまうことが多く、さらに症状を悪化させる原因にもなっています。症状が進むと目やにが出るようになり、ひどくなると目やにでまぶたがくっついて、開かなくなることもあります。

原因

原因は以下が主たるものとなります。

  • 目に異物が入り炎症が起こる
  • ウイルスや細菌に感染し炎症が起こる
  • 角膜炎・チェリーアイ等、他の病気が原因で炎症が起こる
  • アレルギー

治療方法

エリザベスカラーをした猫基本的には目の洗浄を行い、点眼薬や軟膏を用いて治療します。同時に伝染性のあるウイルスや細菌が原因の場合には同居動物との隔離、目を触ってしまう場合にはエリザベスカラーの使用なども行います。

予防するには

ウイルスや細菌による感染を防ぐためには、予防のためのワクチン接種が効果的です。また、完全室内飼いにすることも雑菌から猫を守る手段になります。

異物混入での結膜炎を防ぐ方法としては、生活環境を清潔に保ち、必要ないものを猫の届く範囲に置かないことも重要になってきます。猫は人間よりも顔の位置が床に非常に近いため、ちょっとしたゴミやハウスダストも、目に入り易い環境で生活しているためです。

チェリーアイ

症状

猫には、第三のまぶた、もしくは瞬膜と呼ばれることもある「第三眼瞼(だいさんがんけん)」があります。この部分が赤く腫れて飛び出し、元に戻れなくなる病気を、その見た目からチェリーアイと呼んでいます。正式には「第三眼瞼腺脱出」「瞬膜腺の脱出」のことです。

これは、片目だけに現れる場合と両目に現れる場合があります。また、結膜炎などを併発していることもあります。

原因

多くの場合、眼窩(がんか)と呼ばれる頭蓋骨全面の穴(眼球が収まる窪み)や、瞬膜が損傷したことによって起こります。また、遺伝によって先天的に目の周りの組織が欠損していることが原因となることもあります。

治療方法

軽度の場合には、脱出した第三眼瞼を通常の状態に戻し、目薬の投薬などで治す内科療法が行われます。しかし、チェリーアイになってから時間が経過している場合や、程度がひどい場合、再発を繰り返す場合などには外科的手術が必要になります。

外科的手術にも2通りあり、第三眼瞼を通常の状態に調整する手術と、第三眼瞼を切除してしまう手術があります。後者は再発する可能性がなくなる一方、一生ドライアイに悩む可能性が高くなるため、重度の場合のみに採用されることが多い方法です。

予防するには

遺伝的・先天性以外の場合でも、ケガなどの眼部分への損傷が原因であることが多いため、予防は難しい病気でもあります。強いていうならば、眼をケガしやすい環境を作らないことが挙げられます。

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)/逆さまつげ

症状

眼瞼内反症は、眼瞼、いわゆる“まぶた”が内側に反ってしまい、まつげなどにより目の表面が常に刺激される状態になる病気です。

最初は、瞬きが多くなったり光を眩しがったり、目を擦ることが多くなったと感じることが多いのですが、次第に結膜炎などの症状も出てきます。涙を流す、まぶたを痙攣させるといった症状が出る場合もあります。さらに悪化すると角膜潰瘍で目の表面等がただれ、角膜(眼の表面の膜)最悪の場合には失明することもありますので、放置は厳禁です。

原因

先天性、すなわち生まれつきにまぶたの皮膚がたるんでいて内側に反ってしまう場合と、後天的なものがあります。

先天的に眼瞼内反症になりやすい猫は、短頭種と言われる顔が比較的平坦なペルシャ猫やヒマラヤン等です。
後天的なものとしては、結膜炎や角膜炎の眼の痛みから痙攣を起こし、まぶたが一時的に反ってしまう場合や、体重が減ることで眼球が窪み、まぶたが内側に反ってしまう場合などがあります。

治療方法

眼の中に入ってしまったまつ毛を取り除くことで対処ができますが、これは根本的な治療とは言えません。多くの場合、外科手術によってまぶたを通常の状態に整える方法が採用されます。

しかし、反りの状態などによっては一度で整えることは難しく、数度の手術を要することもあるのが現状です。

予防するには

先天性の場合には、予防の手段はありませんが、後天的で結膜炎などが原因の場合には、結膜炎にならないようにすることで、予防することはできます。

緑内障(りょくないしょう)

症状

緑内障には、急性慢性があります。急性緑内障は、何らかが原因となって眼圧が急激に上昇し、瞳孔が開いたままになり光が眩しく感じます。角膜がむくんでしまうため、目の色が濁った青色になるなどの変化も見られます。強い痛みも伴うため、頭を触られると嫌がる傾向も見られます。
エキゾチックショートヘア
慢性の場合には、徐々に眼圧が増す場合と急性から慢性に移行する場合があり、次第に眼球が突出してきます。これは、眼圧を調整している眼房水が、排出されずにどんどん眼球内部に溜まっていくことが原因です。視野が狭くなる他、重度になると失明することもあります。

原因

生まれつきの先天性、眼房水の調節機能自体が原因による原発性の場合もありますが、猫には少なく、他の眼疾患が原因の場合や、伝染性腹膜炎・トキソプラズマ・白血病ウイルスなどの感染が原因による場合が多くあります。

治療方法

まずは、眼圧を下げることが主体となります。内服薬や点眼薬などの投薬による治療方法をとる場合と、外科的手術による場合、それらを併用する場合があります。
しかし、投薬だけで完治する場合は少なく、殆どの場合が外科的手術との併用になります。

また、緑内障の原因が感染など他の疾患による場合には、それらの治療も必要になります。

予防するには

緑内障の予防は難しいものですが、感染による場合もあることを考えると、感染予防のためのワクチン接種は有効であると思われます。

おわりに

猫の目にまつわる病気は多くの場合、猫がしきりに顔を洗う(前足で顔を擦る)ことが増えるという特徴があります。それは、眼に痛みやかゆみがあったり異物感を感じたりすることから、それを取り除きたいという気持ちの表れです。

この動作を見逃さずに、眼や顔のチェックをすることが早期発見に繋がります。

眼の病気になると、ご家庭でも猫に点眼薬を数時間置きにすることが一般的で、これを猫はとても嫌がりますので、飼い主さんにとっても辛い作業になるでしょう。

筆者の場合も、飼い猫の眼の病気が治ってからもしばらくの間、寄り付いて貰えず、悲しい思いをしました。

けれど、猫の目は患いやすい反面、一見酷く完全には治らないように思える場合にも、多くの場合は、見た目には分からないほどに回復してくれるものです。

毎日のチェックはもちろん、いざとなった時にも心を鬼にして点眼するなど、獣医さんから指示されたことを実行できるように、日頃から猫とのコミュにケーションを密にしておくことも大切だと思います。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加