コラム

猫のダイエット方法!肥満の怖い病気

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

少し太り気味かなというくらいの猫は愛らしさがあってとても可愛いですよね。しかし、肥満状態が続いてしまうことは、病気に直結します。人間にも同じことが言えますね。

今回は猫の肥満と病気の関係性、猫にダイエットをさせる方法をまとめました。病気を予防し、1日でも長く生きてもらうためにも、そのコツを紹介していきます。

猫のダイエット方法!肥満の怖い病気

猫の肥満で怖い病気とは

肥満であるかを確認しよう

まずはどのような状態からが肥満であるのかを把握することから始めましょう。
日本猫など、ごく一般的な猫は、オスが5㎏、メスが3.5㎏程度が標準体重の上限と考えられています。この標準体重を超えている場合、その猫が肥満であることを疑う必要があります。

ただし、体重計の数値だけではその猫が「肥満であるか否か」を見極めることが難しい場合もあります。このような時は、猫の胸・あばら骨がある部分を背中から両手で触ってみましょう。あばら骨の感触をしっかり感じることができれば標準、肉厚感があれば肥満傾向と判断できます。

リスクの高まる病気

猫が肥満状態であると病気のリスクが高まります。ポピュラーなもので言うと脂肪肝や糖尿病です。また、人間がかかる病気と同じように肝硬変や腎臓疾患にも繋がるため、肥満は放置できません。
他にも体についた脂肪が心臓に負担をかけるため、心筋症などの症状にも繋がります。

病気になった時、治療をすることで一命を取り留めることができるかもしれません。しかし、根本的な治療法がない病気は生涯にわたって薬を飲み続けることもあります。

肥満と体重増加はイコールと考えると、腰や股関節にも負担がかかるようになります。その結果、椎間板ヘルニア等の外科的疾患のリスクも高まります。猫は肥満体系であっても、高いところから飛び降りたりする行動が常なので、足腰への負担が大きくかかります。

肥満気味の猫のダイエット方法

猫のダイエットでまず見直すのが食事です。猫は摂取カロリーをエネルギーとして消費できないことがあります。たとえ運動量を増やしても、体重を減らすことができない場合、運動量はそのままで食事内容を見直すことでダイエットにつなげていきましょう。

ダイエット時の食事量の目安は、理想体重に対応する食事量から2割ほど減らした量を与えることで減量効果が期待できます。
ただし、これまで食べていた食事量よりも、かなり少ない量になるので空腹との戦いになってしまいます。猫が明らかに空腹を感じている場合は、肥満猫用のフードへ切り替えてあげましょう。いつもの食事量でもカロリー制限をすることができるので、試してみてください。

また、食事の準備についても見直しましょう。食事は好きな時に食べれるようにセットするようなことは避け、1日に必要な食事量を決めて、食べきった時点でその日は終了するように管理することを心掛けましょう。

しかし、食事を適正量にしたのにも関わらず、体重が減らないということもあるかもしれません。このような場合、もしかしたらキャットフードや人間用のお菓子の保管場所を猫が知っていて、隠れて食べている可能性があります。
キャットフードやお菓子は、猫の行動範囲に置かないようにしましょう。また、猫はドアや蓋、引き出しを開けることもできるので、置き場所を見直すようにしましょう。

普段からしっかり運動をさせることも肥満の予防

猫が痩せるためには筋肉量を増やすことが大切と言われています。しかし、去勢・避妊手術を受けた猫や高齢猫の場合、筋肉量を増やす以前に「太りやすい体質」へ変わっています。

ホルモンの影響で活発な性格が消えてしまい、1日中寝て過ごすような状況に陥ってしまうことも考えられます。しかし、そうなってしまうと肥満へ一直線と考えるべきです。

太りやすいリスクがある猫は、飼い主のほうから率先して遊んであげるようにしましょう。そして体を動かすのと同時に、食事量を減らすことが大切です。

去勢・避妊手術をした猫は、肥満以外の病気リスクもあります。予め獣医師から病気のリスクに関する説明を聞き、肥満予防と並行して病気にならない体づくりをしてあげましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加