コラム

猫が下痢をしてしまう様々な原因を知ろう!

この記事は2017年3月28日の記事を再編集しました。

猫が排泄した後のトイレを見てみたら、泥状や水状のうんちがあった、というような経験、猫を飼っていれば一度はあると思います。
下痢の症状には様々な原因が考えられますが、見過ごすのは危険です。

今回は「食べ物」「病気」「その他」の3つのカテゴリーから、その原因を探ってみます。

猫が下痢をしてしまう様々な原因を知ろう!

食べ物が原因の下痢

  • 食べ過ぎ
  • ご馳走フードやおやつなど、普段よりもたくさん食べた後に下痢を起こすことがあります。

  • 誤飲
  • 間違ってビニールや紐など、異物を飲み込んでしまったり、殺虫剤やワックス、洗剤などが体に付着しており、それを舐めてしまったことが原因となることがあります。

  • 人間の食べ物を食べさせた
  • 人間の食べ物の中には、猫が食べると危険なもの(ネギやチョコレートなど)があります。猫にとっては塩分や脂分なども多く含まれている食品などは下痢を起こすことがあります。また牛乳に耐性のない猫もいます。

  • ペットフードが合わない
  • キャットフードペットフードを変更する時、通常は少しずつ以前食べていたものの割合を徐々に減らしていく方法を取りますが、急に新しい物に変えると下痢を起こすことがあります。また、新しくしたフードの成分が合わなかったということも考えられます。

  • アレルギー反応するものを食べた
  • その猫にとって、アレルギーを起こす成分がフードの中に配合されていたり、拾い食いをした時にアレルギー症状が出て、下痢を起こすことがあります。

  • 細菌の入ったフードを食べた
  • 生魚、生肉をそのまま食べたり、汚れている食器や手でフードを扱ったことにより、サルモネラ菌や大腸菌、カンピロバクター属菌をはじめとする細菌が猫の体内に入ったことが原因で起こった食中毒が原因ということもあります。

病気が原因の下痢

  • ウイルス感染
  • 猫風邪(上部気道感染症)と呼ばれるカリシウイルスなどによる感染症、猫エイズウイルス感染症(FIV)、コロナウイルスによる猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫伝染性腸炎や猫汎白血球減少症と呼ばれる、ネコパルボウイルス感染症(FPV)などによるものがあります。

  • 寄生虫や原虫がいる
  • 回虫・鉤虫・ウリザネ条虫・マンソン裂頭条虫などの寄生虫や、コクシジウム・ジアルジア(ランブル鞭毛虫)・トリコモナスなどの原虫に寄生されることによるものがあります。

  • 内臓疾患
  • 大腸炎や胃腸炎、膵炎(すいえん)や、下部尿路症候群や腎不全などから発症する、尿毒症腸管浸潤症候群(リーキーガット症候群/LGS)などの症状の一つとして下痢が起こることがあります。

  • リンパ腫や腫瘍
  • 主に、リンパ腫や腫瘍が、食道・胃・小腸・大腸などの消化器官にできた場合、下痢を起こすことがあります。

  • その他
  • 甲状腺ホルモンが異常分泌されることで発症する、甲状腺機能亢進症などが原因となることや、使用している薬(服用・点滴・注射など)の副作用が原因となり、下痢が起こることもあります。

その他が原因の下痢

  • 環境などによるストレス
  • 猫は他の動物と比べてもデリケートなので、「おもちゃを片づけた」「カーテンの色を変えた」など、些細な変化でもストレスの原因となったりします。
    引っ越しや旅行へ同行させる、季節の変わり目等にもストレスを感じ、下痢を起こしてしまうことがあります。

  • 発情期
  • 発情期はホルモンバランスの変化が起こるため、下痢になることがあります。この場合は、発情期の終わりとともに症状も完治します。

  • 換毛期
  • 毛づくろいする猫猫は全身を舐めて毛づくろいを行います。その時、抜け毛を飲み込んでしまうことがあります。この時、吐き出すこともありますが、吐き出さなかった場合は、体内に毛が溜まってしまいます。排泄によって出すことができますが、腸などを通過する際に器官を傷つけてしまい、これが下痢を起こす原因になることもあります。

下痢症状が出たらどうしたら良いか

医者でも下痢の原因を特定するのは難しいと言われています。
下痢の症状以外は普段と変わらず元気そうに見えても、猫は体調不良を隠す傾向にあるので、安易に考えるのは危険です。

下痢症状が続く場合は、必ず動物病院でみてもらうようにしましょう。

病院に「いつから」「どのくらいの量が」「何回出た」のか、そしてその際の猫の様子を伝えましょう。場合によっては、うんちの状態を写真で撮ったり、現物を持っていくとより正確な判断に結びつきます。

尚、幼猫や病弱な猫は、下痢が即生死にかかわることもあるので、経過をみるのではなく、すぐに病院へ連れていくようにしましょう。

おわりに

下痢の症状一つとっても様々な事が原因で起こっていることがわかりました。排泄はペットの健康健康管理の指標になります。その為、日頃から色や形、量、臭いなどを観察しておくと、ちょっとした異変にいち早く気づくことができます。日記や家計簿をつける際に、気になったことは一緒にメモしておくのもおすすめです。

またペットフード選びや与え方、食中毒やストレス管理など、飼い主さんが気を付けて海鮮出来るものもあります。今一度、猫の環境チェックをし、改善の余地がある部分については改善していきましょう。

下痢以外の病気予防のためにも、日頃から猫とコミュニケーションを取り、少しでの変化も見逃さないようにチェックしていきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加