コラム

猫の糖尿病は○○が原因?症状からみる早期発見のコツと治療法

猫の糖尿病は、医者泣かせの病気のひとつとも言われています。短期間で検査結果の数値が変化することもあり、診断が難しいのです。また、一度糖尿病にかかってしまうと、完治が困難なだけでなく、飼い主の負担が大きいことでも知られています。しかし、日々のちょっとした気遣いで、予防や病気の改善も可能なのです。猫の糖尿病とはどういうものかを知ることで、ぜひ、早期発見と予防に役立てて頂ければと思います。

猫の糖尿病は○○が原因?症状からみる早期発見のコツと治療法

糖尿病とはどんな病気?

糖尿病は、大切な栄養素のひとつである糖の吸収が出来なくなる病気です。通常、血液中の糖は、膵臓で作られるインスリンが作用することで、細胞に吸収されます。

しかし、これがうまくいかなくなると、血液中に糖が残ってしまうため、血糖値が異常に上がることになります。また、一部はそのまま尿として排出されるため、病名通り尿に糖が混じってでてくることになるのです。

この糖の吸収ができなくなることで、栄養不良・元気がなくなる・嘔吐・脚のふらつき・多食多飲などが起こる他、重度になると意識障害、感染による膀胱炎や皮膚炎に罹(かか)る、また、腎障害や肝不全などの合併症になることもあるのです。

糖尿病の種類

糖尿病は、大きく分けて1型と2型に分類されます。

  • 1型糖尿病
  • 体内に異物や毒素が侵入した時に、それを攻撃して身体を守る免疫細胞があります。これが何らかの原因で自身の膵臓を攻撃してしまい、インスリンを作る機能が破壊されることで、糖の吸収ができなくなります。

  • 2型糖尿病
  • インスリンの分泌量が足りない、もしくはきちんと分泌されているにも関わらず、十分な働きをしない状態になる。

この2つは人間の糖尿病を模した分類方法で、多くの猫は2型糖尿病に罹ります。しかし、1型に罹る場合や2つの型には当てはまらない場合もあり、これが猫の糖尿病を難しいものにしている一因です。

猫の糖尿病の原因と症状

1型の糖尿病の原因は、まだはっきりとしたことは解明されていません。しかし、2型の場合の多くは、顕著な理由があります。それが肥満です。また、高齢猫も確率が高くなり、特に9歳を越えたあたりから増える傾向にあります。

糖尿病全体としては、ストレスが溜まっている・薬の影響・遺伝による影響などが発症の要因になることもあります。

では、実際に糖尿病になると、どのような症状がでるのでしょうか?

  • 初期
  • 多食多飲であるにも関わらず、体重はそのままか減少する。尿の量が増える。

  • 中期
  • かかとが地面に付くような形で歩くなど、歩行が目に見えておかしくなる。

  • それ以降
  • 食欲の減退、吐く回数が増える、意識障害が起こる、下痢、腎疾患・白内障・脂肪肝・腎不全などの合併症に罹る。

この中でも、わかりやすいのが食事や水の量です。普段よりも食欲旺盛になったり、水を多く飲むようになったりした場合には、検査をしてもらうと安心です。

合併症に多い腎不全とは

前章で、糖尿病が進むと合併症になるリスクが高まることを書きましたが、その中でも腎不全になることが多いので注意が必要です。

腎不全は急性腎不全、慢性腎不全があります。併発するほとんどは慢性腎不全といわれ、病状が進行するまでは、これといった症状がみられないことから「サイレントキラー」とも呼ばれることがあります。

しかし、実際には“尿の量が増える”という症状があるのです。ところがこの症状は、糖尿病やその他の病気にも見られる症状のため、発見が困難なのです。

“毛艶が悪くなる”、“嘔吐”“痙攣”なども症状としてありますので、小さなことでも気になることがあれば時間や状態などをメモし、担当医に見てもらうようにしましょう。

治療ができないまま進行してしまうと尿毒症にかかり、命を落とすことにもつながりますので、楽観は禁物です。

慢性腎不全は食事療法として、タンパク質やナトリウム、リン等の栄養制限をすることが知られています。しかし、糖尿病治療との兼ね合いがあるため、自己判断はせずに必ず担当医に相談をするようにしましょう。

糖尿病の治療方法と費用について

糖尿病治療の基本は、血糖値を正常に戻すことに尽きます。そのためインスリン投与が治療の基本となります。しかし、中にはインスリン投与をしない例もあります。治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?

インスリンの投与による治療

インスリンには種類があるため、まずはどのインスリンが合うかを検査で確かめます。その上で、インスリンを投与することで血糖値を下げる(糖を体に取り込めるようにする)治療を開始します。

このインスリン投与は皮下注射のことが多く、毎日必要なことから、通常は飼い主さんが獣医師指導のもとに、猫の食事前に皮下注射を打つことになります。

しかし、注射したにも関わらず食事をしてくれなかったり、食事の量が少なかったりした場合、逆に低血糖になってしまうこともあるので注意が必要です。

低血糖の症状は以下がみられます。

  • 痙攣
  • ふらつき
  • 動かなくなる
  • 頭を傾けたままになる
  • 動作がおかしくなる

症状が出ているが、様子を見てみようとしているうちに意識がなくなり死に至ることもあります。そのことから、インスリン投与を自宅で行うことになった場合には、低血糖になった時の処置についても必ず獣医師に確認するようにしましょう。

食事療法による治療

肥満猫
肥満猫の場合、減量タイプの満腹感をサポートしてくれるフードを、食事の回数を増やして(一日3~4回)取ります。その際、脂肪が少なく食物繊維が多いフードにすることで、血糖値の急上昇を抑えます。

しかし、推薦されたフードを食べてくれないこともあるでしょう。その場合にも、なるべく脂肪が少なく食物繊維の多いフードを選ぶようにしてください。

また、低炭水化物のものを選ぶことも糖尿病のコントロールには重要です。安価なキャットフードには高炭水化物のものもありますので、フードを選ぶ際には注意しましょう。

それでもなかなかフードを食べてくれない場合、糖尿病にも良いとされる鳥胸肉・ささみ・豚肉・牛肉・オクラ・かぼちゃなどを少量茹でて与える方法もあります。

ただし、アレルギーや薬との兼ね合いや、たんぱく質に関しては、猫により高タンパク質の方が良い場合、低たんぱく質のほうが良い場合がありますので、獣医師に確認を取ってから与えるようにしてください。

糖尿病の費用について

糖尿病でインスリン治療が行われる場合、平均月額約3~5万円の費用がかかると言われています。これには、インスリン代・フード代が含まれますが、検査費用は含まれていません。

猫の糖尿病は判断が難しいため、検査に時間と費用がかかることもあります。検査だけでも10万円以上になることもあるのです。

また、一部の糖尿病を除き、インスリン投与から脱却出来る場合。難しい場合がありますので、トータルでの費用の算出は難しい病気でもあります。

おわりに

猫の糖尿病は、人間や犬の糖尿病と違い、判断の難しい病気であると言われています。それは、興奮するだけで血糖値が高くなってしまうことや、一過性糖尿病と呼ばれる、膵臓にストレスが加わった場合に、一時的に糖尿病の症状が出る場合などもあるからです。

血糖値だけで判断して猫にインスリンを投与してしまうと、低血糖に陥ってしまうことがあります。一過性の場合にもインスリンの投与期間を間違うと、やはり低血糖になることが懸念されます。

そのことからも、猫の糖尿病に詳しい獣医師に診断してもらうことは、とても重要です。

また、糖尿病は費用がかさむことが多く、家計の負担になることは容易に考えられます。

いざという時に、費用のことで慌てないためにも、ペット貯金やペット保険の加入をすることで、安心して治療に専念できる体制をとってあげたいものですね。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加