コラム

気になる!猫の鳴き声と意味

この記事は2016年9月28日の記事を再編集しました。

猫の鳴き声は様々です。飼い主に甘えたい時や知らない人への威嚇する時に、「ニャー」と鳴きます。ですが、この「ニャー」という鳴き声は、猫同士のコミュニケーションでは使われることがありません。猫が鳴くのは、発情期かケンカの時です。

それ以外で鳴いているのは、一緒に暮らす人間とコミュニケーションをとるため…。そんな可愛らしい猫が人間に伝えたい気持ちを理解できているでしょうか?
鳴き声の意味を理解することで、もっと猫と良い関係を築くことができるでしょう。また、鳴き声によっては、病気のサインを表してることもあります。

日頃のスキンシップの合間などで、猫の小さな異変に早く気付くことができるよう、猫の鳴き声について理解することは大切です。今回は鳴き声についてまとめました。

気になる!猫の鳴き声と意味

「ニャー」と鳴くのは人間に対してだけ

猫同士は、お互いの鼻やお尻のにおいを嗅ぎ合ったり、身体を毛繕いし合ったりし、声以外でコミュニケーションを取ります。

一方、人間に対しては鳴き声でコミュニケーションを図ろうとしてくれます。これは子猫が母猫にかまって欲しいアピールをするために鳴くのと同じ行動です。

しかし、鳴き声は猫の性別や種類、暮らす環境でも変化します。

猫によっては、よく鳴く猫とあまり鳴かない猫がいます。よく鳴く猫は、メスよりもオスのほうが多いとされ、甘えん坊のオス猫が多いようです。また、先祖が狩りをしていた種類の猫は、自立精神が強いため、あまり鳴かない傾向にあります。
そうは言うものの、鳴かないことが「甘えない」というわけではなく、彼らは人間の身体に自分の頭を擦り付けるなど、鳴かない猫なりのアピールをしてくれます。

また、多頭飼いをしている場合、人間と密にコミュニケーションが取れないため、あまり鳴かないとされています。反対に、一匹だけの飼育の場合は飼い主を独り占めできるのでたくさん鳴くこともあります。

「シャー!!」は怒ってるの?

野良猫に触ろうとして、不用意に近づいたときに威嚇をされた経験のある方も多いのではないでしょうか?この時、「シャー!!」と威嚇されませんでしたか?

この「シャー!!」は、空気を吐き出すことで鳴らしており、天敵のヘビの威嚇を真似していると言われています。猫たちが、「シャー!!」と鳴き声を発するときは、威嚇している証拠です。それだけではなく、恐怖を感じていることもあります。

このような状態の場合は、猫自身がパニックに陥っていることがあるので、できる限りそっとしておいてあげることが賢明です。そうすることで、猫はストレスを溜めこまず、人間も引っ掻かれることがなく、お互いにとっても良いです。

このような他の鳴き声とは異なる特徴的な声は、猫同士の間でも使われます。そしてそのような時は、ケンカの真っ最中です。もし、猫のケンカの仲裁に入るときには、興奮状態の猫に引っ掻かれないように注意をしましょう。

「シャー!!」のさらに上をいく威嚇は、「フゥー!!」や「ヴー!!」です。このような声を出しているときは、怒りや警戒が最上級と言えるので、猫との関係が壊れないためにも、触らず、少し離れたところから見守ってあげるようにしましょう。

「ニャーーー」と長く鳴くのはなぜ?

猫が飼い主に、いつもよりも高い声で、長く鳴き声を発するときがあります。これは猫なりの「かまってほしい」や「触ってほしい」などという、強いおねだりをしています。

この鳴き声で甘えながら、人間の身体に頭でぐりぐりしてきたときは、猫のテンションが高く、機嫌が良い時です。普段ツンデレの猫の、数少ない「デレ」のタイミングを見逃さないように、猫の要求に応えてあげましょう。

サイレントミャーとは?

長く鳴く「ニャーーー」の反対に、最初の音が弱い鳴き声があります。これは「弱い要求」とされていて、「サイレントミャー」とも言われます。

サイレントミャーは、口だけ動かして声を出さない鳴き方です。子猫が信頼する母猫に甘えるときの鳴き声とされ、声にならない鳴き方は、言い換えると「信頼の証」でもあります。

しかし、疲れていて体力的にもしんどいときや、ちょっと心配ごとがあるときも「サイレントミャー」をします。何らかのストレスを感じていたり、病気なこともあるので、明らかにいつもと違う様子であれば、動物病院に相談をするようにしましょう。

猫種によって違う?猫の鳴き声

猫の品種は数百以上あるとも言われて、種類によって性格や特徴も大きく異なります。
また、近年ペット飼育を許可している集合住宅も増えてきましたが、必ずしも動物が好きな住人ばかりとは限りません。そのため、近所迷惑だけは避けたいです。

猫は犬のように吠えることがないので、集合住宅でも飼育がしやすいと言われますが、発情期の猫の鳴き声はとても大きくなります。
鳴き声による近所迷惑を考慮し、大人しい性格で鳴き声が小さい、飼いやすい猫を選ぶのが良いかもしれません。

ここからは特に「飼いやすい」と言われている人気の猫種の鳴き声やその他の特徴について見てみましょう。

人懐っこい!アメリカン・ショートヘア

大人しい猫は確かに飼いやすいですが、大人しいだけではなく、人間に懐く性格であってほしいですよね。

アメリカン・ショートヘアは、日本でも多くの人が知る品種です。マーブルも洋が特徴的なアメリカ原産の猫で、人懐っこく、協調性に優れることで知られています。協調性があるので、猫以外の動物と共生させやすく、猫の多頭飼いにおいても問題ないのが一般的です。

性格は好奇心旺盛で、遊ぶことが大好きな猫なので、飼い主を飽きさせません。自由奔放で縦横無尽に駆け回るため、飼う際には足音が気になるかもしれません。しかし、アメリカン・ショートヘアは、本来賢い頭脳を持つ猫と言われ、無駄な鳴き声をあげないと言われています。

アメリカン・ショートヘアが鳴くのは、飼い主に対して何かを伝えたいときに限られるのが一般的です。食事を求めたり、遊びたいときなどのコミュニケーションとして鳴きます。

アメリカン・ショートヘアの美しい被毛は体温調節に優れた性質があるため、とても丈夫な猫とも言われています。

静かで飼い主思いのロシアンブルー

ロシア原産のロシアンブルーは、美しいグレーの被毛とエメラルドグリーンの瞳が印象的な猫です。スマートな肢体が優美な印象で、ビロードのような手触りも人気がある特徴の一つと言われています。

非常に忠誠心が強い猫として知られていますが、一方で飼い主以外の人にはシャイな反応を示します。警戒心の強さもあり、来客の多い環境などはあまり好まないようですが、身を隠すための場所を与えればストレスを感じさせずに済みます。
とは言え、ロシアンブルーは飼い主と静かな環境で穏やかに暮らすことを好む猫です。

犬のような賢さと従順さを併せ持つ性格が魅力的なロシアンブルー、最大の特徴は「ボイスレスキャット」と呼称されるほどに鳴かない猫であるということです。数多い猫種の中でも特に静かな性質で、鳴く機会が少ないと知られています。

このことから、ペットの飼育において、周囲の環境が気になる集合住宅や、静かな暮らしに猫を招き入れたいという方におすすめの猫と言えるでしょう。

他の動物とも仲良くできる、スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドは、耳が折れている猫として多くの人に知られています。丸みのある頭と身体が愛らしい猫で、見かけと同様に愛嬌のある温和な性格をしているのが一般的です。

非常に甘えん坊な猫としても知られ、飼い主以外の知らない人にも擦り寄るほどの人懐っこさが大きな魅力です。
しかし、甘えん坊で人に良く懐くことから、一匹での留守番や飼い主が構わない時間が長いとストレスを感じやすいとも言われているので、たくさん猫と触れ合るのが好きで、猫との時間を確保できる方に向いている猫です。

スコティッシュフォールドは、飼い主と玩具で遊んでもらうことを喜びますが、一方ではあまり活発な性質でないため、1日中寝ていることも多いです。

鳴き声は小さめで、うるさく鳴き続けることは少ないと言われています。人見知りをしないので、新たな飼い主に馴染みやすいことでも知られており、初めて猫を飼う人も安心して迎えることができると言えるでしょう。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加