コラム

猫がかまってほしい時にしてあげると喜ぶこと

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

猫は「気まぐれ」とも言われ、その自由奔放な性格が魅力で人気の理由でもあります。しかし、猫は意外にも空気を読むこともあり、人間の気持ちに寄り添ってくれる心優しい面も持っています。

猫と心を通わせるためにも、猫が「かまって欲しい」と出すサインに対して、どのように応えたら喜んでもらえるか、その方法をまとめました。猫の欲求不満解消のための遊び道具についても紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

猫がかまってほしい時にしてあげると喜ぶこと

気まぐれな猫はどんなことをすると喜ぶの?

猫は気まぐれで、飼い主が「かまってあげたい」と思う時に限ってタイミングが合わず、猫は睡眠を優先していたりし、意思の疎通が難しいことがあります。

しかし、猫は自分の意志をきちんと持っていて、猫自身が「かまって欲しい」という時には、飼い主へかまって欲しいことを訴えます。甘え上手ではなく、人間との距離を一定距離持つことが心地よいと感じる猫もいます。

猫と女の子猫との生活が長くなると、猫が「撫でて欲しい」「グルーミングブラシをして欲しい」などの要求が分かるようになってきます。次第に、鳴き声だけでどういった気持ちであるのかも分かるようになってきます。甘えたい気持ちやお腹が空いているという状態など。

猫が要求していることが分かるようになったら、気持ちを読み取り飼い主が接し方を工夫すると猫は喜びます。

猫は触って欲しいところをこすりつける?

「何をどうして欲しい」という意思をきちんと持って伝えることができるのが猫です。甘えたい時には、飼い主の膝の上など目の前にやってきて、飼い主の手に触って欲しい部分をこすりつけてきます。この時、こすりつけてきた部位を撫でてあげると気持ち良さそうな表情をします。こういった行動は猫以外の動物にも見られます。

ただ甘えたいから触って欲しいところをこすりつけることもあれば、痛みなどがあり不快感を訴えるためにこすりつけてくることもあるので、見極めてあげましょう。

普段と比べて様子が違う場合は、撫でてあげようとしたら嫌がる素振りを見せる場合は注意が必要です。明らかに不安な鳴き声で訴えてくる場合は、体にしこりがあったり、発熱なども考えられるので体調チェックをしましょう。

運動がしたい!色々な遊び道具

猫は遊ぶことが大好きです。もちろん加齢によってある程度の落ち着きが出てくるようになりますが、基本的に運動能力が高いため、完全室内飼いの場合は家の中にある家具がアスレチックフィールドとなり、食器類なども猫のおもちゃになってしまうこともあります。しかし、こうなってしまうことは部屋の清潔を保つことも難しくなりますし、何より危険を伴います。

このように活発な猫にはキャットタワーを設置してあげることがおすすめです。いわゆる猫専用のアスレチックのようなもので、高いところに安心できるスペースを作ってあげることができるので、猫のストレス解消にも効果的です。

また、子猫はいろいろなものに興味を示します。動くおもちゃや自走式のおもちゃ、音が鳴るボール等、複数用意してあげると興味が向くままに1日中遊びます。
猫じゃらしで遊ぶ
活発な猫に少しでも落ち着く時間を作ってもらうためには「またたび」がおすすめです。またたびが含まれたクッションなどを置いておくと、猫は抱きかかえて眠ってしまうほどです。また、爪とぎ板にまたたび粉を撒くと、爪とぎ場所のしつけにもつながります。

遊びながら猫の健康状態をチェック!

猫はスキンシップを好まないと言われますが、道具を使ったり、あらゆる方法で興味を引いてあげることで意思の疎通ができるようになってきます。スキンシップ自体は猫の欲求を満たしてあげるための遊びが優先されますが、飼い主が猫の健康状態をチェックするためにもとても大切な時間となります。

猫は触って欲しい時と、そっとしておいて欲しい時があります。そういった猫の気持ちを尊重し、その上で健康状態のチェックを行いましょう。スキンシップで触ることができなくとも、日頃から遊んでいる姿を見ながら、体調はどうだろうか、元気はあるだろうかなど、総合的な様子を見ておくことが大切です。

発情期には、普段よりも落ち着きがなくなり、ケガをしてしまうケースも少なくないので、適度な距離を保ちながら猫の様子を観察しましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加