コラム

猫が構ってほしい時にしてあげると喜ぶこと

猫は「気まぐれなところが魅力」と評価されるほど自由奔放な性格が人気です。しかし、空気を読むこともあり、人間の気持ちに寄り添ってくれる心優しい一面もあるのです。

今回は、猫と心を通わせるため、猫の「構って」サインに応える方法をまとめました。猫の欲求不満解消のための遊び道具に関しても要チェックしてください。

猫が構ってほしい時にしてあげると喜ぶこと

気まぐれな猫、どんなことをすると喜ぶ?

猫は気まぐれなところがあり、飼い主が「構ってあげたい」タイミングの時に限って、猫は自分の睡眠を優先させるなど、なかなか意思疎通ができない場合があります。

猫は自分の意志をしっかり持っており、猫自身が「構ってほしい時」には飼い主へきちんと訴えます。もちろん、甘え上手な猫ばかりではなく、人間と一定の距離を置くことが心地よいと感じる猫もいます。

長く一緒にいることで「撫でてほしい」「グルーミングブラシをかけてほしい」など、猫の要求が分かるようになってきます。鳴き声だけで甘えたい・お腹が空いた・抗議をしたい等という気持ちも分かるようになるので、飼い主がそれを読み取って触り方の工夫をしてあげると喜びます。

猫は触って欲しい所をこすりつける?

猫は「何をどうしてほしいのか」を、意志を持って伝えることができる動物です。
甘えたい時は飼い主の膝の上など目の前にやってきて、飼い主の手に触って欲しいところを持って行き、こすりつけてきます。その部位を撫でてあげると、気持ち良さそうな表情をします。

この行動は、猫以外にも見られます。ただ、甘えたいために触って欲しいところをこすりつけてくるのか、痛みなどの不快感を訴えるためにこすりつけてくるのかを見極めてあげましょう。

普段と様子が異なる時や、撫でて欲しいにも関わらず嫌がるそぶりを見せる場合は注意が必要です。明らかに不安を訴えるような鳴き声の時は体のしこりや発熱など、体調チェックも行いましょう。

運動がしたい!色んな遊び道具

子猫の時期から、猫は遊ぶことが大好きです。加齢とともに落ち着きが出てきますが、運動能力が高いため完全室内飼いの場合、家の中にある家具がアスレチックフィールドになり、食器類がおもちゃになってしまうこともしばしばです。危険を伴いますし、部屋の清潔を保てなくなる場合も考えられます。

活発な猫には、キャットタワーと呼ばれる猫専用のアスレチック状のおもちゃを設置することをおすすめします。
高いところに安心できるスペースを設けることもできるため、ストレス解消もできます。

また、子猫はいろいろなものに興味を示します。動きがあるおもちゃや、自走式のおもちゃ、音が鳴るボールなどを複数準備すると、興味が向くままに一日中遊びます。

少し落ち着く時間を作ってほしい場合には、マタタビがおすすめです。マタタビが含まれたクッションは猫が抱いて眠ってしまうほどです。また、爪とぎ板にマタタビ粉を撒くことで、爪とぎ場所のしつけにもつながります。

遊びながら猫の健康状態をチェックしよう!

猫はスキンシップを好まない動物と言われていますが、道具を使うなどあらゆる方法で興味を引いてあげると意思疎通ができるようになります。
スキンシップは猫の欲求を満たすための遊びが最優先されますが、飼い主が猫の健康状態をチェックする時間と位置付けることも大切です。

猫が触ってほしいという気持ちや、今は距離を置いておきたいという気持ちを尊重しながら、健康状態をチェックしましょう。普段家の中で遊んでいる様子を見ながら、体の調子はどうか、元気があるかどうかなども総合的に見ておくことも大切です。

発情を迎える時期になると、更に落ち着きがなくなりケガにつながるケースも少なくありません。適度な距離を取りながら、猫の様子を観察しましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加