コラム

身近なペットの介護問題

この記事は2017年3月27日の記事を再編集しました。

ペットの平均寿命がここ数年で飛躍的に延びています。長生きしてくれることは喜ばしいですが、それと比例して、高齢(シニア)ならではのペットのケガや病気による介護が必要になることも増え、高齢者がペットを介護する「老々介護」も増えています。

今回は、未来に起こりうる身近なペットの介護問題についてまとめました。

身近なペットの介護問題

ペットはいつからが高齢?

老犬平成2年に東京農工大と日本小動物獣医師会が行った調査によると、ペットとして飼育されている犬猫の平均寿命はそれぞれ、8.6歳と5.1歳でした。
それから約25年経ち、平成28年度一般社団法人ペットフード協会による調査によると犬は14.4歳、猫は15歳という結果になりました。

このように、以前の調査結果と比べると平均寿命は犬は1.7倍、猫においては3倍にも延びていることが分かります。ペットは10歳くらいになると高齢と言われてることが多いですが、どうしても人間の10年と比べてしまって、あまりピンと来る人も少なからずいる事でしょう。

そこで犬と猫の年齢を人間に換算すると、どのくらいの年齢になるのか調べて以下にまとめてみました。

ペットの年齢⇒人間の年齢に換算した場合、犬/猫

  • 6歳 ⇒ 41~42歳/40歳
  • 7歳 ⇒ 45~46歳/44歳
  • 10歳 ⇒ 56~60歳/56歳
  • 11歳 ⇒ 63~64歳/60歳
  • 12歳 ⇒ 68~69歳/64歳
  • 13歳 ⇒ 71~73歳/68歳
  • 14歳 ⇒ 77~78歳/72歳
  • 15歳 ⇒ 80~82歳/76歳
  • 16歳 ⇒ 85~87歳/80歳
  • 17歳 ⇒ 89~91歳/84歳
  • 18歳 ⇒ 93~96歳/88歳
  • 19歳 ⇒ 98~100歳/92歳
  • 20歳 ⇒ 100~105歳/96歳

※犬の場合は、犬種や大きさなどにより換算寿命が異なります。

では、実際に老化が気になりだす年齢でもある「高齢」というのは、何歳くらいからとされているのでしょうか?

環境省が平成27年に発行したパンフレットによると、犬は7歳前後、猫は10歳前後から高齢期とされています。そして、この年齢が介護が必要になり始める頃とされています。

人間の年齢で換算してみると、まだ高齢というには早いように感じますが、ペットの老化は人間よりも早く表れると思っておいた方が間違いないでしょう。

高齢ペットのケガや病気

高齢ペットの年齢に差し掛かっても、見た目で大きな変化がないため、実感が湧かないと思います。
しかし、よくペットを観察すると、白髪が増えてきたり、以前よりも静かに過ごしている時間が増えたりと、年を取ったかな?と感じるようなことがあると思います。

ペットの高齢化によって起こるケガや病気は、人間の高齢者のケガや病気の内容とあまり変わりはありません。

筋肉の衰え、骨が弱くなってきたりすることから骨折や骨の変形、関節炎を起こしやすくなります。また高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や目の病気でもある白内障や緑内障、ガンや心臓病、腎不全など、様々な病気になる可能性があります。
そして、最近ではペットも認知症を発症することが知られるようになってきました。

高齢になったペットのケガや病気は、生活環境や食べ物、ストレスを溜めさせないなど、飼い主自身が改善することで、ある程度予防する事が可能です。

介護が必要となるケガや病気からペットを守るためにも、高齢ペットに適した生活環境を作ることを意識しましょう。

ペット介護の問題

ペットのために生活環境を改善していったとしても、老化には勝てないこともあります。
いざ介護が必要となった時に、これまでの生活はどのように変化するのでしょうか?
どういった時に介護が必要になるか、いくつか例も見てみましょう。

  • 自力では歩けなくなる
  • 自力で排泄ができなくなる
  • 自力で食事ができなくなる
  • 認知症の症状が出て、徘徊や粗相をしてしまう
  • 時間ごとに投薬の必要がある

後足車いす犬自力で歩くことが困難になった場合、そのまま足を動かさずにいると筋肉がどんどん衰えてしまい、床ずれをする心配があります。そのため、歩行困難になった時には、補助器具を付け散歩したり、マッサージをして筋肉が衰えないようにすることが大切です。同時に排泄や食事の補助も必要になるでしょう。

認知症の場合は、飼い主の留守番中に部屋の中を徘徊し、大ケガをしてしまったという例や、夜中の無駄吠えによる近隣からの苦情、ところかまわず排泄してしまうため、おしめを着用させたものの、おしめを交換する時に暴れてしまい、飼い主がケガをしてしまったなど、様々な例があります。

飼い主が一人暮らしの場合は、他に介護ができる家族がいないために、ペットの介護のために、転職や退職を余儀なくされたケースや、飼い主自身も高齢で病気を抱えており、介護自体が苦痛になってしまった結果、自殺を考えてしまったという深刻なケースもあります。

介護自体は病気やケガを負ったわけではないので、病院へ入院させることが出来ません。また、要介護のペットを預かっているペットホテルも少ないので、飼い主自身の気が休まる時間がなくなってきます。

ペット介護の代行サービス

ペット介護の悩みが多くなってきた近年、介護代行サービスを提供する施設も増えてきました。そういった施設は大きく分けて2つあります。

  • 終生介護・・・老犬・老猫ホーム
  • 一時的介護・・・老犬・老猫ホームの一時預かり、一部のペットホテル、ペットシッターなど

終生介護というのは、人間でいうところの老人ホームにあたる施設です。ペットの世話を終生にわたり、すべての面を委ねる形になるため、介護が必要でない場合でも費用は100万円以上が平均となっています。介護が必要となる場合は、これにプラスした費用が加算されます。

一時的介護は、飼い主が一時的に介護をすることが出来ない時に預けることが出来る施設です。終生介護をしてくれる老犬・老猫ホームでも一時預かりを実施しているところがあります。

また、まだ数は少ないですが、介護OKなペットホテルも増えてきています。介護をする時は、獣医師や看護師、トリマーなどのケアが必要になることもあるので、動物病院に併設されたペットホテルで提供されていることが多いようです。

ペットと離れたくない、留守の時だけ見てもらいたいという場合は、ペットシッターという選択もあります。
ペットシッターは自宅まで来てくれるので、ペットにとっても環境が変わることなく、ペットのかかるストレスも少なくてすみます。しかし、ペットシッター個人の技量やペットとの相性も関係してくるので、飼い主がそこを見極める必要があります。

おわりに

家族として迎え入れた時は幼かったペットも必ず歳を取ります。そして、年を重ねていき高齢期になると介護が必要になるリスクが高まるのも事実です。しかし、介護が必要になることは、ある日突然やってくるわけではなく、何らかの予兆があることが多いです。

例えば、ストレスが多い環境で元気がない、攻撃的になった、寝ていることが多い、排泄回数や量、色形がいつもと違う、足を引きずっているように見える、同じところをぐるぐる回っていることが多いなど、様々な行動や生理現象に現れてきます。

このような兆候を見逃さず、すぐに環境を改善したり、獣医師へ相談するなど、早めの対応をすることで重症化せずにすみます。そして、高齢になってからも健康に暮らしてるペットも多くいます。

動物病院そのためには、医療費などを気にすることなく、すぐに動物病院へ行くことが出来る体制にしておくことが大切です。ペット保険に加入している場合、治療にかかった実費の何割かを補償してもらえるため、高額な支出も防げるでしょう。
また事故などで車いすが必要となった場合に、その購入費用の一部を補償してくれる特約を用意しているペット保険もあります。

ペット保険はいざという時に備えておくと心強いので、将来の事を考え検討することもおすすめします。
身近になってきているペットの介護について、自分自身のこととして考える時間を是非作って、いつか来るその日のために備えましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加