コラム

猫の乳腺腫瘍が、ほぼ乳がんというのは本当?

この記事は2017年3月24日の記事を再編集しました。

人の胸にしこりがあった場合、乳がんの可能性があるために検査をします。
猫に関してはどうでしょうか?

今回は猫の乳腺腫瘍と乳がんについてまとめました。

猫の乳腺腫瘍が、ほぼ乳がんというのは本当?

乳腺腫瘍と乳ガン

乳腺腫瘍とは、乳腺に「しこり」ができることを言います。
はじめは乳首の周りを触ったときに気づく程度ですが、しこりが大きくなってくると見た目でもしこりがあることが分かるようになります。

猫の乳首は、母乳を与えるために左右に4つずつ、全部で8つあります。この中で、頭に最も近い部分にある2つの乳首、そして尻尾に近い2つの乳首のどれかにしこりが発見されるケースが多いのが特徴的です。

腫瘍は「良性」と「悪性」のものがあります。悪性腫瘍はいわゆる「がん」のことで、猫の場合、胸にみられる腫瘍が乳がんである確率は80~90%とも言われています。つまり、乳腺腫瘍と言われた場合、乳がんであると思ったほうがよいのです。

乳腺腫瘍が進行するとどうなるのか

しこりは時間の経過と共にどんどん大きくなっていきます。大きくなりすぎたしこりは結果的に「自壊(もしくは自潰)」することになります。
自壊とは、字の通り「自ら壊れる」という意味で、しこり部分が破壊してしまい、中から血や膿などが悪臭を伴って出てきます。

しこりを発見したけれど、様子を見ていたら一ヵ月ほどで自壊してしまい、慌てて病院を受診したという例もあります。

しかし、このしこりが悪性腫瘍であった場合、乳がんが進行してしまっており、場合によっては体内で転移してしまっている可能性もあります。また、血液循環障害が起こり、太もも部分が腫れてきたり、腹水が溜まったり、貧血を起こすこともあります。

もしも乳がんだった場合には、がんが肺へ転移するが多く、肺転移となった場合には、呼吸をすることが苦しくなり、猫にとっても苦痛を伴います。

猫のしこりは、見た目で判断できるくらい大きくなってから「できものが大きくなったから病院へ行こう」となるケースが多いようですが、しこりを発見した場合には1日でも早く動物病院を受診するようにしましょう。

乳腺腫瘍になる猫はどんな猫?

乳腺腫瘍は、乳腺が発達しているメス猫にみられるのがほとんどです。そして、避妊手術をしていない場合、避妊手術をしている猫と比べると約7倍もその危険性が高くなると言われています。
猫のエコー検査
こうした背景から見ても、乳腺腫瘍には女性ホルモンが深く関係していると考えられていますが、猫に関してはまだ解明されていないのが現状です。

また、シャム猫は他の猫種と比べた時、乳腺腫瘍になる確率が約2倍高いと言われています。これについても現段階では解明されていなく、今後の研究結果が期待されています。

乳腺腫瘍の治療法

乳腺腫瘍が見つかった場合、たとえその腫瘍が良性のものであったとしても外科手術によって腫瘍を取り除くことが一般的です。
悪性腫瘍であるかどうかの判断は、手術前ではなく、取り除いた腫瘍を検査して判断するのです。

再発を防ぐために、腫瘍の部分だけではなく、広範囲にわたって乳腺を取り除く手術をすることもあります。この場合、乳腺の片側すべて、もしくは全摘出をすることもあります。
全摘出する場合、縫合の関係から一度で手術をすることができず、二度に分けて手術をすることとなります。

他にも腫瘍に直接放射線を照射し、腫瘍を縮小させたり、成長を遅らせたりする「放射線療法」や、薬を使う化学療法もあります。
しかし、どちらの方法も外科手術のような早期効果が見込めいため、外科手術後の補助的な役割として機能しているのが現状です。

予防と発見方法

予防方法

乳腺腫瘍の予防方法として一番効果があるのは、若い時期に避妊手術を行っておくことです。猫の避妊手術は、生後5ヵ月になる前にするのが良いとISFM(国際猫医療学会)で推奨されています。

猫の避妊手術に対して、反対する方もいるとは思いますが、この手術をすることで乳腺腫瘍になる確率を大幅に抑えることができるのは事実です。
避妊手術は乳腺腫瘍のみならず、その他生殖器系の病気の予防にもつながるメリットがあります。

また、飼い主さん側のメリットとしては、発情期のスプレー行為(尿をスプレーのようにまき散らす行為)がなくなったり、性衝動(性欲)によるストレスからくる攻撃性も抑えることができ、穏やかな猫になることが多いと報告されています。

発見方法

乳腺腫瘍を発見する方法は、猫へのマッサージを日課にするのが一番です。猫の全身をマッサージする中で、乳首周りもやさしくマッサージしてあげましょう。
成猫となってから腹部などをマッサージされることは嫌がる可能性があるので、子猫のうちからマッサージに慣らしてあげるのが良いでしょう。

しこりを発見した場合は、むやみに触らないようにし、獣医へ見せるようにしましょう。万一、このしこりが悪性腫瘍だった場合、しこりを触り続けることでがん細胞が広がってしまう危険性もあるので注意が必要です。

おわりに

乳腺腫瘍のほとんどが乳がんであるということを見て、衝撃を感じた方もいるのではないでしょうか。しかし、100%乳がんであるということではありませんし、早期発見、早期治療ができれば猫の命を延ばすこともできます。

日常のスキンシップを怠ることなく、万一の時に早期発見ができるように努めましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加