コラム

大型犬は胃拡張に要注意!

この記事は2016年4月27日の記事を再編集しました。

愛犬のお腹が急激に膨れたように感じたことはありませんか?少し太ったかな?と見過ごしてしまっていないでしょうか?これは太ったのではなく、「胃拡張」かもしれません。

胃拡張は大型犬に多くみられる病気ですが、中型犬や小型犬でも胃拡張になることはあるので注意が必要です。

大型犬は胃拡張に要注意!

胃拡張とは?

一般的に、どのくらいお腹が膨れたら胃拡張となるのか、飼い主さんでは判断するのが難しく、気が付いたら病状が進行していたというケースもあります。
人間であれば、胃拡張は大した病気に感じませんが、動物にとっては命に係わる非常に深刻な病気です。

胃拡張の症状

典型的な症状は、食後2~6時間後に初期症状として腹部が拡大膨張します。その他、診断の際にも診られる症状が「吐き気」です。嘔吐しようとしているのに、何も吐き出すことがないというのが特徴です。

胃拡張によって腹痛を感じ始めると、犬は背中を丸めて落ち着きがなくなったり、お腹を触らせないという行動がみられます。

急激な腹部膨満、激しい腹痛からであろうヨダレ、吐き気がある場合にはすぐに動物病院を受診しましょう。
青や泥色のように歯茎が変色している場合、既に呼吸困難に陥っている可能性が高く、重篤なサインです。見逃さないようにしましょう。

胃拡張のメカニズム

基本的なメカニズムは、胃の中にガスが溜まり膨張して、他の臓器や横隔膜を圧迫することで呼吸困難を引き起します。呼吸困難が起こることによって、命の危険に晒されるのです。

腹部の膨張は、膨らんだ風船のようになり、360度回転できるほどになってしまうこともあります。

胃拡張になりやすい犬種

大型犬に多くみられる胃拡張は、胸が深いドーベルマンやジャーマンシェパードのような犬種に起きやすいです。特に、純血種は混合種(ミックス犬)よりも胃拡張になりやすいので注意が必要です。

また、メス犬よりもオス犬のほうが胃拡張になりやすく、平均的に2~10歳の間で発症するケースが多いのが特徴です。

同時に起こりやすい腸捻転とは

胃拡張を起こすと、胃を支えているじん帯が伸びやすくなり、胃や腸が捻じれると考えられています。

腸が捻じれている状態を「腸捻転」と言います。これは胃拡張と同時に起こりやすいと言われていますが、必ずしも併発するわけではありません。

軽度の、捻じれを伴わない胃拡張の場合、数分から数時間持続します。しかし、捻じれを伴った場合、胃拡張の状態から数分でショック症状へ進行してしまいます。

軽度の胃拡張だけであれば、命を落とすリスクは低いですが、ガスは自然に抜けない可能性が高いため、どちらにしても迅速な動物病院の受診が必須です。

胃腸捻転の症状と治療方法

胃腸捻転を起こすと、胃の内容物が残っていても嘔吐で排出することができず、血管を圧迫し、吐きたくても吐けない状態という典型的な症状がみられます。

症状が進行し、胃への血液循環不良が起こり、胃の組織が壊れ、胃が破裂して腹膜炎を起こすと致命的になります。

胃腸捻転が起こす前の段階であれば、胃の中へチューブなどを挿入してガス抜きを行いますが、胃腸捻転が起こってしまった場合には外科手術が必要となります。

※消化酵素分泌機能の異常によって起こる膵外分泌不全も、胃腸捻転になるリスクが高いので、定期的に病院での検診を行うようにしましょう。

胃拡張の予防と対策

食事習慣の改善

胃拡張は食事習慣を改善することが予防となります。

食事の回数が1日2回以上の犬よりも、1日1回しか食事をしない犬のほうが胃拡張になるリスクが高いです。
これは食事回数が少ないことによって空腹時間が長く、急いで噛まずに、飲み込むように食べてしまうことから、空気を食べ物と一緒に飲み込みガスが溜まってしまうためです。
1日の食事量はそのままにし、食事の回数を増やして、こまめな食事ができるようにしましょう。

食事中や食後に水を大量に飲ませてしまわないよう注意も必要です。喉が渇きやすい乾燥食品を与えると、大量に水を飲んでしまいますので食品選びを工夫するようにしましょう。

ドライフードなどの乾燥食品を与える際には、予め水に浸し、水分摂取による胃の中での膨張を抑制しましょう。
また、チーズなどの塩分が多い食品も水を欲しがりやすくなるので注意が必要です。

ストレス発散、運動で予防

強い不安や精神的に弱い性格の犬に胃拡張は多く発症する傾向があります。愛犬がストレスを溜めてしまわないように、普段から運動や遊びでストレス発散をさせるようにしましょう。

このとき、運動は食後2時間は避けるようにしましょう。日々運動をさせることで、胃腸の運動も促しましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加