コラム

動物保険証の手続き方法から使い方まで徹底解説!

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

私たちが家族同然と思って一緒に生活しているペットには、人間のような健康保険が存在していません。そのため、動物病院を受診した時の治療費などは全額飼い主の負担になります。
長期的な治療が必要な病気や完治が難しい病気の場合、全額を支払う負担を考えると、医療費を補償でカバーできるペット保険は心強いです。

ペット保険の商品によっては、動物保険証というものが支給されます。今回はこの動物保険証に着目し、手続き方法や使い方までを徹底解説します。

動物保険証の手続き方法から使い方まで徹底解説!

動物保険証とは?

ペット保険に加入すると交付される動物保険証は公的な書類ではありません。これは「〇〇保険会社のペット保険に加入している」ということを証明できる書類として効力を発揮します。

ペット保険対応の病院を受診する際に保険証を提示することで、レセプトから保険会社へ診療費報酬請求がされます。私たち人間の健康保険証と同様です。

ペット保険加入時の手続きは?

この動物保険証は、どのペット保険会社にもあるとは限りません。動物健保に対応しているペット保険へ加入する事で保険証を作成できるオプションが発生します。

ペット保険はWEBサイト上からでも契約をすることができ、複数の保険会社を比較したてから契約することも可能です。

多くのペット保険会社では、契約手続きを行う際に愛犬・愛猫の写真を保険会社へ提出することになっており、この写真をもとに保険証が作成されます。

インターネット検索動物保険証には写真の他、ペットの名前、犬種や猫種等の提示が必要となります。インターネットからも加入の手続きを行うことができるため、飼い主の都合に合わせた時間帯に自由に手続きを行うことが可能です。
その他詳しい内容は各社保険加入手続きの際に説明があるので必ず確認しましょう。

怪我や病気の際に必要!保険証の使い方とは?

救急箱動物病院を受診する際は、保険会社が提供しているペット保険と連携しているかを必ず確認しましょう。かかりつけの動物病院と提携しているペット保険を予め調べておくことも、保険選びに重要なポイントになります。

加入するペット保険会社と提携がある場合

診療受付時に動物保険証を提示しましょう。診療後、会計をする際は自己負担額のみ支払うだけでOKです。(プラン内容により3割~5割程度)
保険会社が負担する費用は、病院側から保険会社へ直接請求がされ、病院へ支払われます。

加入するペット保険会社と提携がない場合

加入した保険会社と動物病院が提携していない場合、まずは治療代をすべて自費で支払います。
診療報酬請求書兼領収書をもらい、加入しているペット保険会社直接請求を行います。保険会社で内容確認後、指定の口座へ補償額が振り込まれます。

どの位の額、補償を受けられるの?

「通院・入院・手術」の補償は1日から対象になっているのが一般的です。保証商品によっては条件が異なるので、必ず確認しましょう。

ここである保険プランを例に見てみましょう。通院や入院費用の補償は70%、補償金額の上限を14,000円としているものがあります。手術の場合も同様に14万円を上限とし手術費用の70%を負担しています。
しかし、このプランの場合いずれの場合も使える日数に上限があるので注意が必要です。

保険商品によって補償限度額や支払い回数等が決まっています。ペット保険を選ぶ際には、パンフレット等を確認し、内容を十分理解した上で契約しましょう。締結時には約款に書かれた詳細を熟読しましょう。

ペット保険加入の必要性

ペットの病気や怪我はもちろん早く治してあげたいと思う事でしょう。しかし、治療費のことが頭のどこかにあるのではないでしょうか?
私たち人間の健康保険と同じように、動物保険はそのような気持ちをサポートしてくれることでしょう。一定の掛け金によって万が一の際に補償を得ることができます。

まだペットが若く、ワクチン接種の時にだけ病院にいっていると、その時点ではペット保険の必要性を感じにくいと思います。しかし、年齢を重ねるごとに病気や怪我のリスクは高まります。
ペット保険は加入できる年齢に上限があり、病気にかかってからでは新規加入が出来ません。将来のことを考え、そして万が一に備えて、子犬や子猫であってもペット保険への加入を検討してみてください。

保険料や補償内容が異なるペット保険を比較する際には、当サイトでもかんたん検索が出来ますので、是非ご利用ください。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加