コラム

ペットの健康管理は大切!動物医療の現状

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

ペットと人間のかかわり方が昔と比べると大きく変化しています。それに伴い、飼い主側の動物医療に対する意識も様変わりしてきています。

今回は動物医療の歴史とその移り変わりを中心に、ペットと飼い主のかかわり方の変化にも目を向けていきます。ペット保険の重要性についてもお気づき頂けるかもしれません。

ペットの健康管理は大切!動物医療の現状

動物医療の歴史

動物病院動物医療における獣医師とは、古くは繁殖のための医療に携わることがほとんどでした。牛、豚、馬など家畜の繁殖を手掛ける他に、乳牛や肉牛となる家畜の健康管理を行うことを主としていました。

現在では家畜の繁殖や健康管理に伴う医療提供のみならず、愛玩動物の医療に徹する獣医師の比率が高まっています。犬や猫だけでなく、ハムスターをはじめとする小動物や鳥類等、様々な動物の診療をすることが増えてきています。

日本のペットに対する意識

犬や猫はかつて家の害虫や害獣から守ったり、家畜が野生動物から襲われないために飼育されていました。犬や猫が愛玩動物という意味で「ペット」と意識され始めたのは1980年以降、昭和バブルの全盛期頃と言われています。

バブル全盛期頃まで、犬や猫の赤ちゃんが知人宅で産まれたものをもらい受けることが飼育を始めるきっかけになることが一般的でした。しかし、バブル全盛期へ差し掛かると、純潔種のペットを商用販売するペットショップが増え始めました。ブリーティングを行い、血統書登録をした直子を販売するブリーダーも増えています。

これまで知り合いから「譲り受ける」存在だった犬や猫が、「お金を出して飼うもの」へと変化し、日本では珍しい海外の純血種の犬や猫も輸入されることで飼育可能となり、次第に「ペットは家族の一員である」という考えが確立されていきました。
犬と男の子
これまでは、飼い主と犬や猫との間に一定の距離が保たれていましたが、近年は子育てをするように可愛がることが主流となってきています。

このように飼い主側のペットに対する意識が大きく変化してきています。費用をかけ購入し、飼い主家族とのつながりが深まった分、ペットの病気に対する意識も敏感になる傾向にあります。

ペットの健康管理は日ごろから!

さて、話は動物医療に戻ります。家畜農家が減り、家族としてペットが迎え入れられるようになった結果、獣医師側の仕事に変化だ出てきました。これまで繁殖や家畜の健康管理だけでは仕事を回せなくなってしまったのです。
また、ブリーダーによる無理な繁殖の結果、遺伝病のリスクが高まり、犬や猫に対して高度医療を施す必要が増えてきました。

医療機器の機能が向上し、高度な医療が可能な動物病院も増えてきています。むしろ、今となっては設備がしっかり整い、高度医療を施せる病院でなければ集客も厳しいと言える状況です。

家族であるペットの病気であれば、飼い主は出来る限り原因究明をしたいと考えますし、出来る限りの治療を行いたいと考えることでしょう。高度医療の設備が整っている病院であれば、レントゲンやCT撮影、輸血や手術、投薬など、考えられる検査や治療をすることができます。

しかし、動物には私たち人間のような健康保険がありません。さらに動物病院は自由診療のため、高度医療を選択することにより治療費は高額になってしまいます。これは人間でも保険診療が認められていない医療だと同様です。

このような理由から、わずかな掛け金で医療費の一部をフォローしてくれる動物保険の存在が大きくなってきます。ただし、動物保険には補償範囲というのが決められているので、各商品を吟味する必要があります。

保険があることで飼い主は大きな負担を強いることなく病気の治療ができ、健康を取り戻すことができますが、もちろん日頃からの健康管理がとても重要であることは間違いありません。

まとめ

かつては家の利益を守る役割を果たしていた犬や猫、家畜。その健康を守ることが主だった獣医師。現在ではこの図式が大きく変化していることが分かります。この変化によって動物病院の設備も人間が受けるものと、さほど変わらなくなってきています。

今後も高度な設備を備えた動物病院は増えていくことでしょう。設備が整っている病院での診療は、今後も医療費が高額になることが予想されます。万が一に備えて、医療費をフォローする意味合いでも、ペットを迎える際には動物保険への加入を視野に入れることが大切になってくることでしょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加